ひげ脱毛してます(2017年1月時点で進行形)。その記録。

「な、なんだこの混雑具合・・・。どうすればいいんだ・・・。す、座りづらい・・・。」この日僕は、女性の美にかける情熱の凄さを知ることになるーーー。

 

とある日

「なんか、アゴが黒い気がする。」

最近、自分の写真を見るたびに思うことがあった。それは自分のアゴがひげにより黒くなっているのではということだ。正直、僕は自分の顔が割と童顔だと自覚している。そのため、ファッションも「かっこよい」というよりは「かわいい」ものが多い傾向にある。要するに革ジャンなどは着ないのだ。そうすることによって、自身の差別化を図ってきた。だが、そんな僕にもひげはもちろん生える。

 

「まずい。これはまずい・・・」

ひげが濃くなりつつあるという自身の身体の変化に気づいてしまい、素直にピンチを感じ取った。ひげが濃くなろうとも、顔は相変わらず童顔のままなのだ。このままでは、童顔でかわいい系のファッションをしているくせに、ひげだけはもっさり生えている男になってしまう。それはいただけない。

特に良くない点として、ひげは朝から生え続け、夜にはある程度濃くなってしまうということがあげられる。こんなことを書くのもなんだが、世の中で行われている「合コン」や「デート」は圧倒的に夜の開催が多い。つまり、いろいろと大事なときに僕のひげは「ちーっす」と言わんばかりに自己主張をはじめ、それが故にトータルで見てバランスが良くない状態になってしまうのだ。USCPAとして数々の試練を乗り越えてきた僕にとって、突如湧いて出た新しい試練だった。

 

「ひげ脱毛・・・?いや、きっと値段も高いし、そんな必要はない」

僕は自分に言い聞かせた。まだ大丈夫だと。だが、「ひげが濃くなる事態」と弊行して発生している問題により、もはやそういったことを言っている場合ではないのでは、という不安もぬぐえなかった。それは「ひげ剃りの所要時間」だった。

ひげ剃り時間曲線

学生時代、僕のひげはおとなしいものだった。夜にお風呂に入りながらあごに石鹸をつけ、そのまま安いT字のカミソリでスラスラそることができた。所要時間にして、わずか1分程度のものだったような気がする。それだけで、次の日の夜のひげそりまでひげの状態を保つことが出来たのだ。・・・遠い昔の話だ。ところが、いつの頃からか忘れたが、僕のひげはT字カミソリの威力に動じないレベルにまで自身を引き上げていた。

擬音で表すのであれば、スラスラスラ・・・ガッ!となるのだ。ひげが濃い男性の方ならわかってくれると思うが、急にT字カミソリが止まる(というか動かせない)のだ。ひげの剃り方が「スラスラ~」から「ジョリ・・・!ジョリ・・・!」になるのだ。そして、このスラからジョリになるにしたがって、ひげそりに必要となる時間が加速度的に増加していくことになる。

そして、そのうちに「T字カミソリでは剃れない」という状態にまでひげは進化した。そこで僕は最新のテクノロジーである「電気カミソリ」を使用し、ひげを毎朝剃るようになっていた。コンビニなどにも売っている安い2000円程度のものだ。

こういうやつだ。初めてこれを使ったときの感動は忘れられない。「ウィーーーーン!!!!」と自身が壊れるのではと思うような唸り声をあげながら、僕の硬いひげをジョリジョリと高速で剃っていくのだ。社会人になって数年目、僕はこのかみそりで毎朝ひげを剃るのが習慣になっていた。この日常に何も疑問を抱かなかったのだ。

しかし、とある日に、冒頭の疑問を抱くことになる。ひょっとして、僕のひげはさらにレベルを重ね、もはや朝に剃るだけでは対処不可能な領域にまで強化されているのではないか。このままいくと、常にひげそりを持ち歩き、朝と夕方に剃るような生き方になるのではないか。そうなるのであれば、その前にひげ脱毛でもして対処したほうが残りの人生、非常に楽なのではないか。

そこで、ふと、僕がひげそりにかけている時間を計算してみることにした。軽い気持ちでひげそりにかける時間を計ってみると、「ひげに専用の液体を塗る」「液体が乾くのを待つ」「ひげを剃る」「洗い流す」という一連の流れを全て考慮すると、大体10分弱ということが分かった。

これには大きな衝撃を受けた。全く考えたこともなかったが、実際に毎日10分程度ひげそりに時間をかけてしまっていたのだ。たかが10分と思われるかもしれないが、これが1年になると合計で3650分。約60時間になる。あと20年以上ひげは剃ると考えると、1年ごとに60時間の時間を失っていくことになるのだ。20年でUSCPA受かる程度の時間をひげを剃るだけのために使うことになるのだ。(参考:USCPA合格に必要な合計時間

この結果を受けて、僕は真剣に考えた。

そして、ひとつの結論に至る。

 

「そうだ。脱毛しよう。」

次の記事:ひげ脱毛記2