これまで色々な記事でUSCPAとして監査法人で働くことが実は(当然?)結構お得ということを書いてきましたが、それらの理由をまとめて記載したことが無かったので、一旦まとめておくことにしました。すでに書いてあったらどうしよう。

■背景

僕はこれまでUSCPAの試験に合格してから、合格した際に在籍していたメーカー、そこから転職してITベンチャー、そして監査法人と色々な企業を渡り歩いてきましたが、やはりUSCPAとして監査法人で働くことは、いくつかの条件を満たした場合にかなりお得な選択肢だと考えています。

個人的には監査法人に入る前から確実にお得な選択肢だとは思っていたのですが、それでもやはり監査法人は日本の会計士が基本的に所属する組織であって、USCPAには不利になるのではと考えることもありました。そこで、僕は所属する監査法人のUSCPAの方で、かなり昇進している人々に「実際にUSCPAとして監査法人で働くことについて」飲み会の場などで色々とお話を伺ってきました。

結果として、やはり当初考えていたように、USCPAとして監査法人で働くことはかなりお得な選択肢だという結論に至りました。ただし、当初考えていなかった条件なども見えてきました。今回はそちらについても書いていこうと思います。

■こんな人がお得

僕はUSCPAであれば一律で監査法人で働くのがお得と考えていましたが、これまでの経験上、以下のような人がよりお得なのではないと考えるようになりました。そちらの条件を思いつきベースで列挙してみます。

  1. 自分のやりたい業務にこだわりが無い又は少ない
  2. 1に付随して、監査業務に興味がない
  3. 監査法人で出来る限り長く働きたい
  4. 3に付随して、独立などに興味が無い又は少ない

ざっと、このような人であれば監査法人はかなりおすすめです。では、それぞれについて書いていきます。

■業務にこだわりがない

自分のやりたいことに特にこだわりが無い人や、特に監査業務をやりたいと思わない人は、USCPAとして監査法人で働くことで特に不利になることはありません。監査法人のメインの業務はやはり監査ですが、こちらで日本の会計士と競争するとかなり不利な立場になります。やはり持つ知識の量が圧倒的に違うので、USCPAがキャッチアップするには相当の努力が求められます。また、最終的に監査報告書にサインが可能なのは、日本の会計士という謎の特権があるのが現状なので、監査業務で日本の会計士と張り合うのはあまり得策ではありません。そこで、非監査業務という分野に活路を見出すと、USCPAの活躍の場が広がっています。

・非監査業務とは

監査業務以外の業務のことです。具体的に言えば、以下のような業務があげられます。

  • 内部統制の導入支援
  • 会計基準のコンバージョン(日本基準からIFRSへ等)支援
  • 規制対応支援
  • 管理会計導入支援

などになります。いわゆるコンサルに近いものですね。これら非監査業務に携われば、会計メインというわけではなく、会計プラスその分野での知識の勝負になります。つまり、日本の会計士と土台は横並びであり、そのからの成長・昇進は自分次第というわけです。

■監査法人で長く働きたい

所属する監査法人で長く働きたいという人も、個人的にはおすすめです。というのも、「日本の会計士は辞める」からです。監査法人の離職率はかなり高く、長くいるだけで自動的にライバルがいなくなるというシステムになっています。それは、日本の会計士は一定の条件のもと、税理士にも登録が可能なため、実家の税理士事務所や会計事務所を継ぐという理由、そして公認会計士や税理士という資格の性質上、独立の垣根が非常に低いという理由、監査という業務が単調でつまらない仕事だと感じやすいことなどの理由があると思いますが、これらを総合した結果として、監査法人はかなり高い離職率になっています。僕の周囲でも、個人的に優秀だと考えている人の多数から「将来的に家を継ぐ」「独立する」という声を聞いています。

一方、普通の日本の大企業を考えてみると、日本型雇用制度の特徴として、終身雇用、年功序列などがあげられます。もうそんな時代は終わったという記事などを見ることがありますが、大企業に関してはこのシステムが終わったなどとは全く感じられません。それに加えて、何でも一定のレベルで仕事ができるジェネラリストを育てる風土から、日本の企業に勤めている人の転職に対するハードルは監査法人に比べると圧倒的に高いと考えられます。つまり

  • クビになる不安は少ない
  • 放っておいても自動的に昇進
  • 専門分野に特化しない

こういった要素が重なり、1つの会社で勤め上げるインセンティブが非常に高くなっています。そのため、基本的にライバルの方から自発的に退職していなくなるという可能性は少なく、長い時間をかけた競争が待っている状態です。

■まとめ

上記をまとめると、非監査業務の分野でコツコツと頑張ることによって、USCPAの人にとって監査法人はかなりお得な職場であることがわかります。監査以外の業務と言っても専門知識が必要になることに変わりはなく、長くその分野に携わることによってかなりの知識や経験を身に着けることが出来ます。また、同じく知識や経験を身に着けた人がいなくなる可能性も高く、その分重宝され、昇進などの機会も多くなります。もちろん監査法人にも競争は多くありますが、給与水準を考えた場合、日本の企業で競争に勝ち残って得る給与と、監査法人で働いて一定の昇進をしたあとに得られる給与を比較した場合、圧倒的に監査法人の方が費用対効果は高いといえるのではないでしょうか。少し複雑なのでめちゃくちゃ単純に書くと

  • USCPAは監査法人の非監査業務に携わるとお得
    • 理由1:専門分野を掘り下げて希少性が高い人材になれる
    • 理由2:周囲の会計士が自発的にいなくなる
    • 理由3:昇進しやすい上に、昇進後に得る給与が比較的高給

ということになります。すごい後ろ向きな内容に見えるかもしれませんが、これはある程度事実だと思います。僕の周りの昇進しているUSCPAの人を見ていると、一定の分野(非監査)に携わり、辞めることなくコツコツと努力を続けている人が大半のように思います。もちろん、何もせずにダラダラしているわけではなく、専門分野の勉強や、クライアントの要望にきっちり応えるための努力は惜しんではいません。その結果として得られる年収は、別の記事で書いてありますが、十分なものだと思います。

少しでもUSCPAを目指す人の参考になれば幸いです。ちなみに、USCPAになって監査法人に入れば楽にスイスイ生きられるというわけではなく、もちろん相当な努力が必要になるということは大前提としておきます。