バカとつきあうな

今回読んだ本は、堀江氏と西野氏による本「バカとつきあうな」になります。刺激的なタイトルなので、読む前から炎上のにおいがぷんぷんしますが、ところがどっこい、内容はかなりまともなことを書いています。タイトルだけで読まず嫌いをしている人は、是非一度立ち読みでも良いので中身をちらりと確認してみてください。

内容としては、堀江氏と西野氏が考える「こういう人間とはつきあうな」という人をお互いに書いていくものとなっています。例えば「機械の代わりを進んでやるやつ」「付き合いを強要するやつ」などです。各項の都度差し込まれるイラストを見ると「あ、こういうやついるよなぁ」と微笑んでしまいます。
※表現を「やつ」に変更しております。

自分なりにこの本の「バカ」の定義はなんだろう、どういう意味なんだろうと考えた結果、「自分がやりたいことの妨げとなる人」という結果になりました。「自分がやりたいことの妨げとなる人とつきあうな」というタイトル、明らかに売れないですね。本書はまどろっこしさをスパッと切り捨てた良いタイトルだと思います。

基本的に堀江氏と西野氏のこれまでの発言を追っている人であれば、聞いたことがあるような箇所も多いと思います。ただし、後半から堀江氏が西野氏を紹介、西野氏が堀江氏を紹介、堀江氏が自分を紹介、西野氏が自分を紹介、という風に内容が流れていくのですが、そこは必読です。この本で二人が伝えたいメッセージがつまっています。

ちなみに僕はこの本で描かれている「バカ」に割と当てはまっておりました(笑)。もっとサクッと動けるようになりたいですね。やりたいことがあるけど、どうも生きにくいなぁと思う人は、手に取ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)