米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

USCPAと転職

米国公認会計士(USCPA)について、今回は転職について書いていこうと思います。USCPAを取得しようとしている方には、「自社でのキャリアアップにつなげたい」という人と「もっと良い会社に転職したい」という人、もしくはその両方のうち、良い方を選択するという人がいると思います。

そこで、今回は実際に取得した身として、USCPAと転職についていろいろと書いていこうと思います。USCPAを取得したあとに転職しやすいのはどのような人か、そしてUSCPAで監査法人に転職することは可能なのかといった内容を書いていきます。以下のリンクから、興味のあるページをご覧ください。

USCPAは転職に有利か1

USCPAは転職に有利なのかということについて書いています。一般的に、どのような人が有利になりやすいのか、逆にどのような人が有利になりにくいのかということについての内容となっています。

USCPAは転職に有利か2

こちらは僕の転職体験記を通した、少し主観的な内容となっています。どのような企業から内定をいただくことが出来たのかということや、監査法人や税理士法人への転職についても軽く触れています。

監査法人への転職は可能か

USCPAという資格だけで監査法人への転職は可能なのかということについて書いています。僕は実際にUSCPAという資格だけで監査法人に転職することが出来たのですが、そのときの経験を踏まえて、監査法人に入るために大事だと思ったことについても書いています。

監査法人での面接質問集

こちらは僕が監査法人への転職の際に質問されたことを書いています。ただ、質問された内容を箇条書きにつすのではなく、できる限り一般化して書いてみました。USCPAの方にも、日本の会計士の方にも参考になると思います。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.