米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

USCPAは転職に有利か1

米国公認会計士(USCPA)について、今回はこの資格が転職に有利になるのかということについて書いていきたいと思います。中でも、今回は一般的にどのような人に有利になりやすいかという点に焦点を当てて見ていきます。

USCPAは転職に有利か

結論から書いていきますと、もちろん有利に働きます。しかしながら、当然ながらこの資格の特性を踏まえたところへ転職したい場合ということになりま

す。USCPAは勉強する分野は膨大になりますが、一般的には「会計」の資格という位置づけになります。つまり、「会計」に関する仕事につきたい場合は有利となります。

そしてもう一つのポイントとして、「英語での試験」ということがあげられます。つまり英語の力をある程度は持っていますというアピールになります。今のグローバル化が進んでいる世の中で、なぜか日本はTOEICという謎の試験が浸透していますが、冷静に考えて重要なのは英語で何ができるのかという能力のはずです。

このことから、「会計」と「英語」の両方に重なる部分の職に就きたい人にとっては強力なアピールの材料になります。また「会計」または「英語」のどちらかの分野に進みたい人にとっても、ある一定の能力のアピールにすることが出来ます。これらを踏まえて、どのような人が有利になり、どのような人が有利になりにくいのかを書いていきます。一般的な話になります。

有利になりやすい人

USCPAの取得が転職の際に有利になりやすい人は、以下のような人になってくると思います。

  • 明確な目的意識を持って取得した人
  • 既に関連分野で勤務しており、スキルアップを狙った人

こういった人は、USCPAを取得した後も自分の望む道を進みやすいと考えられます。前者であれば、今は人事や営業など、会計とは直接関係のない分野で働いているが、どうしても財務や経理など、数字を扱う部署で会社全般を見てみたいと思って取得した人などです。後者であれば、現在経理部で働いているが、会計に関する体系的な知識と英語を身に着けて、ゆくゆくは海外子会社の財務マネジメントなどを行う職に就きたい、もしくはもっと待遇が良い会社に転職したい、というような人です。

こういう人は自分が望む道を進んでいきやすいと言えます。取得する目的が非常に明確ですし、面接の際にもどうして取得したのかを簡潔に説明することが出来るためです。

有利になりにくい人

USCPAの取得が転職に有利になりにくいひとは、以下のような人の割合が高いと思います。

  • 目的無く取得した人
  • 資格マニアのような人

USCPAを取得する人に、このような人はあまりいないと思いますが、世の中には資格を取得すること自体が目的となっているような人が一定数存在しています。「ある資格が良い」と言われるととにかく取得しないと気が済まないような人です。本当に重要なのは資格ではなく、その分野で(資格などを活かして)どの程度成果を上げることが出来るかということなのですが、ある資格を取っても年収などにすぐには直結しないので、「この資格ではダメだ。次の資格だ」となってしまう人です。

特に、履歴書の資格欄に「USCPA」「色彩検定」「ホームヘルパー」など、分野が違う資格が並ぶような人は、面接のときに「なんでこんないっぱい資格があるのだろう」と逆効果になってしまいます。今までの業務の理由などで幅広い分野の資格を持っている人は、USCPAに関係する資格のみを記載すれば大丈夫です。僕も実は経歴上の関係で会計に関係ない資格はたくさん持っているのですが、履歴書に書くのはUSCPAと言語関係、簿記関係の資格のみでした。

まとめ

まとめますと、USCPAを取得して転職に有利になる人は、USCPAを取得した目的をしっかりとストーリー立てて説明できる人ではないでしょうか。なんとなくグローバルに活躍できそうな資格だから。なんとなく英語と会計が今後重要になると考えたから。ということではなく、USCPAを取得することによって自分が望むキャリアに参入することができると考えた。USCPAを活かして海外とのやり取りができる部署に転職したいと思った。といったような、明確な目的意識があればあるほど有利に働くと思います。

今回は一般的な話になりました。次回は、自分の転職活動を通したもう少し具体的(主観的)な話をしたいと思います。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.