Big4監査法人勤務の米国公認会計士(USCPA)によるサイト。USCPA情報はメニューから。時事ネタ等はブログから。

MENU

USCPA:問題集正答率推移

米国公認会計士(USCPA)の問題集について、僕が今まで解いてきた各回の正答率の推移を公表したいと思います。もし受験生で正答率を記録している人がいれば、自分のものと比較して勉強の進捗率を確かめてみてください。

勉強環境について

ただ、僕は米国公認会計士(USCPA)の勉強を行っているときの環境は非常に恵まれたものでしたので、以下のような条件でモリモリと勉強していたということは付け加えておきます。

  • 残業は四半期決算期以外ほとんどしない
  • 会社の飲み会は3ヶ月に1度ほど
  • 地方暮らし(遊び場が非常に少ない)
  • 経理部系の部署に配属されていた
  • 監査法人対応も業務に含まれていた
  • 家の近くに図書館あり(自転車で10分以内)

上記を今考えると、普通に恵まれている環境だったと思います。ただ、残業しないという点に関しては自ら進んで帰っていましたし、会社の飲み会も断り続けていました。

現在は普通に残業も行いますが、残業後に勉強のモチベーションを保つのは思ったより大変ですね。仮にUSCPA合格後は転職を考えている人は、残業しない人間になっても良いと思います。

では、このような条件で、僕がどの程度の正答率で問題集を何度も解いてきたのか、下記ページからご確認ください。

FARの問題集正答率推移

僕が最も最初に受験したFARの問題集の正答率の推移を記録したものになります。FARは簿記や英文会計に少しかじった経験があったので簡単に合格できると考えていましたが、英文会計の基礎や簿記とは違うレベルの難しさがあり、結構苦労しました。

BECの問題集正答率推移

BECはFARと同時受験だったのですが、問題集が薄いため何度も何度も繰り返して解くことが出来ました。おかげでBECは完璧と思っていたのですが、実際の試験結果は合格点ぎりぎりというものでした。USCPA試験は結果が出るまでわからないものだと痛感した科目でした。

AUDの問題集正答率推移

AUDから日本受験になりました。AUDは講義で勉強しているときも、問題集を解いているときも苦痛がなく、個人的には非常に楽しい科目でした。結果として正答率が上がる速度も速く、テストも確実に合格という自信を持って終えることが出来ました。結果はもっとも高い点数だったので、僕には向いていた科目だと思います。

REGの問題集正答率推移

最後の科目がREGでした。僕には非常に厳しい戦いになりました。最後の科目で、合格すれば全科目合格という希望と、何度か落ちれば科目合格の権利が切れるという恐怖の2つのエンジンで何とか勉強を続け、ぎりぎりの点数で合格することが出来ました。結果通知のメールの添付ファイルを開くときは手が震えました。合格の通知が見えたとき、あまりの嬉しさと解放感でさらに震えが止まりませんでした。

以上が僕の問題集の正答率の推移になります。ベンチマークや勉強の進捗具合の指標として使用していただければと思います。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.