Big4監査法人勤務の米国公認会計士(USCPA)によるサイト。USCPA情報はメニューから。時事ネタ等はブログから。

MENU

専門学校の選び方

今回は米国公認会計士(USCPA)の勉強を行うにあたって、どのように専門学校を選べばよいかについて書いていきたいと思います。前回の記事にもある通り、僕はUSCPA試験に関しては専門学校を利用するべきと考えています。

専門学校の選び方

物事を決める際に大事なのは、それに対する判断基準だと思います。専門学校も同じで、どのような判断基準で選べば自分に合った専門学校となるのかを考えていきましょう。以下では、僕が専門学校を選ぶ際に使用した判断基準を見ていきます。

1.費用

まず僕が最も大事にした(せざるを得なかった)のが費用でした。というのも当時の僕は非常事態宣言が発せられるほどお金がなく、専門学校の代金など全然支払う余裕がなかったためです。最終的には30万円程度のコースがさらに期間限定セールになっていた時に、カードで10回程度の支払にして申し込みました。その日からボーナス月まで毎月マイナスのキャッシュフローに苦しめられるという事態に陥りましたが、今となってはあの時の判断が正しかったと過去の自分に感謝です。また、そのコースがどこまでのサービスを含んでいるかを確認した方が良いです。直前講義などは追加投資になることが多いので、その分も考慮して考えると総合的な判断が可能です。

2.講義の回数・教材の量

次に、講義の回数と教材の量が大事になると思います。僕の中では非常に重要な要素でした。自分がどのようなタイプの勉強を行うのかを思い出し、それに合った量の講義を提供している専門学校にした方が無難です。例えば、①教科書を読むのは必要最低限、それ以外は問題集を解きまくってとにかくアプトプットをしながら理解していくアウトプット重視派と、②教材をじっくり読み、理解の確認のために問題集の問題を解くというインプット重視派に分かれると思います。アウトプット重視派は講義数が少なくすぐに問題集に取り掛かれるような専門学校、逆にインプット重視派は講義や教材の量が多い専門学校を選んだ方が良いかもしれません。ちなみに僕はUSCPAに関してはアウトプット重視派でした。

3.先生との相性

他にも、先生との相性も重要なファクターになってくると思います。僕が選択した専門学校はある先生が非常に有名なクセのある人だったのですが、僕にとってはDVD越しに受けているとは思えない楽しい講義になりました。まれに想像を超えたぶっ飛びを見ることもありましたが、それすらも楽しい講義になりました。教材も多い方ではなかったため、最後までサクッと何度も見ることが出来ました。他の専門学校の講義も、資料請求を行い同封されていた模擬講義を見たことがあるのですが、非常に単調な説明で残念ながら見ながら寝てしまいました。このように、先生との相性というのは重要な要素になると思います。逆に、僕の友人は僕が選んだ専門学校の講義をネットで視聴して「これはない」と思ったようです(笑)。専門学校を選ぶ際は、自分に合った講義をするのかは面倒でも確認しておいた方が良いです。

4.サポート体制

専門学校としてのサポート体制も、判断基準にいれても良いと思います。これは専門学校によってそこまで大きな違いにならないと思いますが、やはりUSCPAを専門にしているような予備校の方が、そこに割く力が大きいのでより具体的なサポートができると思います。少なくとも、受験までの手続きをどのように行えばよいかのサポートが受けられるかは確認しておいた方が良いです。

まとめ

このように、「費用」、「講義・教材の量」、「先生との相性」、「サポート体制」を自分なりに比較してみて、自分になっていそうなところを選ぶとそこまで失敗はないと思います。ただ、このような資格試験はあくまで受験生の主体性が大事となってきますので、専門学校に申し込んだから問題ないというよりは、専門学校をうまく利用して合格まで最短距離を走るというイメージの方が過度な期待を持たずにすむと思います。

以上で、専門学校の選び方を終わりたいと思います。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.