僕がどのような経験を踏まえてUSCPAの取得を決意したのかについて書いています。今、日本はグローバル化の波に飲み込まれています。ところが、この流れに残念ながら乗り遅れています。そのような時代だからこそ、自らの力で人生を切り開きたい人にUSCPAが注目されているのだと思います。そこで、大学から社会人になるにつれて、僕がどのように取得を決意するに至ったかを書いていきます。

前書き

僕の感想ですが、USCPAは「会計分野を武器に世界で活躍する人材になりたい」という人にとっては有益となる資格だと思います。少なくとも僕に関しては、この資格を取得することによって人生が変わりました。もちろん、この資格さえ取得すれば人生バラ色というわけではなく、新しい世界への扉・入口のようなものだと思ってもらえれば良いと思います。ただ、USCPA関連の情報を集めていると、必ず以下のような意見にぶつかると思います。

  • USCPAは日本では意味がない
  • 監査法人でバカにされる
  • 日本の会計士と比べると使えない

ネガティブな意見の大体がこのようなものだと思います。他にも探すと、ネガティブな情報をたくさん目にすると思います。僕が勉強を開始する前に調べたときも、上記を筆頭にいろいろなネガティブな意見を見ました。ですが、迷うことなくUSCPAを取得しました。

現在では、受験を決意した当時の判断は正しかったと思います。少なくとも上記のネガティブな意見は、僕の周囲のUSCPAの人には全く当てはまりません。僕が所属している監査法人でもたくさんのUSCPAがいますし、USCPAが上司のポジションなんて山ほどあります。監査法人でも、多くのUSCPAの人が活躍しています。と、前置きはこのくらいにしておいて、どうして僕がUSCPAを目指すようになったのかについて書いていきたいと思います。以下のページからご確認ください。全部で4話になります。