Big4監査法人勤務の米国公認会計士(USCPA)によるサイト。USCPA情報はメニューから。時事ネタ等はブログから。

MENU

USCPA受験を決意するまで

米国公認会計士(USCPA)について、どのような経験を踏まえて僕がUSCPAの受験を決意したのかについて書いていきたいと思います。今、日本はグローバル社会に取り込まれています。ところが、この流れに残念ながら乗り遅れています。そのような時代だからこそ、USCPAが注目され始めているのだと思います。そこで、大学から社会人になるにつれて、僕がどのように取得を決意したのかを書いていきます。少しでも参考になれば幸いです。

前書き

僕の感想ですが、USCPAは「会計分野を武器に世界で活躍する人材になりたい」という人にとっては有益となる資格だと思います。少なくとも僕に関しては、この資格を取得することによって人生が変わりました。もちろん、この資格さえ取得すれば人生がばら色というわけではなく、世界への扉、入口のようなものだと思ってもらえれば良いと思います。

ただ、USCPA関連の情報を集めていると、必ず以下のような意見にぶつかると思います。

  • USCPAは日本では意味がない
  • 監査法人でバカにされる
  • 日本の会計士と比べると使えない

ネガティブな意見の大体がこのようなものだと思います。他にも探すと、ネガティブな情報をたくさん目にすると思います。僕が勉強を開始する前に調べたときも、上記を筆頭にいろいろなネガティブな意見を見ました。ですが、迷うことなくUSCPAを取得しました。

現在では、あのときの判断は正しかったと思います。少なくとも上記のネガティブな意見は、僕や僕の周囲のUSCPAの人には全く当てはまりません。僕が所属している監査法人でもたくさんのUSCPAがいますし、USCPAが上司のポジションなんて山ほどあります。監査法人でも、USCPAの人は活躍していますよ。

と、前置きはこのくらいにしておいて、どうして僕がUSCPAを目指すようになったのかについて書いていきたいと思います。

大学受験時代編

僕が大学受験を目指した時。僕がまたUSCPAという単語すら知らなかったとき。英語さえ出来れば世界に通用する人間になると考えた人間は、とにかく英語に取り組むことになります。そして・・・。

大学~留学初期時代編

大学時代における大半の時間を毎日投入し、「交換留学」という英語圏への留学の切符を手に入れる。希望に胸を膨らませ、海外の地を踏むことになったのですが、そこで巨大な壁にぶち当たることになります。そして・・・。

留学時代中盤~後半編

留学初期に粉々に砕け散った希望の中から、偶然「会計学」というひとつの可能性を見つけます。勉強開始当初は吐きそうになるくらい苦手だった会計ですが、全力で取り組むことによって少しずつ理解していきます。そして・・・。

この経験から~USCPAの意義~

会計学を通して、とある気づきが芽生えます。そして会計学を学べば学ぶほど、その気づきは確信に近づいていきます。そして、この経験を境に僕はUSCPAを目指すことを決意しました。僕が自分の経験から考える、USCPAの意義とは。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.