米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

その1:大学受験時代

僕がどのような経験を経て米国公認会計士(USCPA)の受験を決意したのかについて書いていきます。全ての発端は、僕が大学受験を決意したとき。大学受験時代にまでさかのぼります。

大学受験時代

僕がUSCPAを目指す何年も前、僕がまだ「USCPA」という単語すら全く知らなかったときのことです。僕は大学受験を控えていました。当時から、テレビや新聞などで、「グローバル化」という言葉が使われていました。「上司が外国人になった」「外資」など、明らかに日本に外国の力が押し寄せてきていました。

当時の僕は非常に世界のことは疎く、このような事象を全くとらえることが出来ていませんでした。ただ、今思うと確かにコンビニの店員がアジア人になっていたり、学校の英語の先生にネイティブの先生が入ったりと、少しずつグローバル化の影響は日本に入ってきていたのだと思います。

更に極端な意見として「英語が世界の共通語になる」とも言われていました。僕としては「日本語が世界の共通語になればいい」と思っていたのですが、現状を見る限り英語が世界の共通語に向かって進んでいるのは(ビジネスの世界では)間違いなさそうです。当時から、英語は言語の世界での覇権を握り始めていました。

当時は受験生だった僕は、真剣に日本語が世界の共通語になれば良いと考えていました。ある日ふと、本当に世界の共通語が日本語だったらどうなるだろうと考えてみたのです。すると、以下のような世界であることがわかりました。

日本語が世界の共通語となった場合

世界の共通語が日本語になりました。その世界では、ほとんどの人が日本語を勉強します。日本語が出来れば世界が広がるからです。日本人であるあなたは、非常にラッキーな思いをすることになります。

まず、海外旅行に行くとします。標識や食品のラベルなど、大体のモノに現地の言葉に日本語が並記されています。食品にはどのような原料などが入っているのかは一目瞭然です。分からないことがあればそのあたりにいる人に気軽に日本語で尋ねることができます。彼らも日本語を勉強しているので、普通に回答してくれます。

ビジネスをする場合も、基本的に書類などは日本語で記載されることになります。日本語が共通語だからです。当然、日本語を使ってビジネスの交渉なども行うことになります。意思疎通の基本が日本語だからです。

学校の講義も高等教育になるほど日本語の率が高まります。議論は日本語で行われますし、教材や参考文献も全て日本語です。

インターネットにアクセスすると日本語のページで埋め尽くされており、世界中の日本語の情報にアクセスすることが出来るようになっています。世界中の人が日本語を使用してネット上でも議論しており、日本語ネイティブのあなたはスムーズにそれらの情報にアクセスできます。

さて、この妄想ですが、日本人にとっては非常に都合が良いですね。そんな世界になるわけがないと思われた方もいるかもしれません。ただ、この世界は「日本語」を「英語」に置き換えると途端にリアリティを持った現実の世界となります。当時の僕は「英語が出来れば、世界中の人とつながることができる!」といった漠然とした考えでしたが、今の世界では、英語が出来れば上記のような世界にアクセスできるようになっています。英語が出来れば、世界の様々な場所で困ることが少なくなってきています。

当時の僕は短絡的に「大学4年の間に、英語だけでもできるようになってやる」と意気込みました。そして、受験勉強の比率を英語に傾けて、運よく志望大学よりも偏差値が高い大学にも合格することが出来ました。このとき、英語さえ出来ていれば将来は明るいという考えを持った、偏った大学生が誕生することになりました(笑)。

次に続きます。

その2:大学~留学時代初期

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.