米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

勉強方法について

米国公認会計士(USCPA)の勉強に関する対策について、今回は勉強方法について書いていきたいと思います。勉強スタイルはひとそれぞれですが、一つの例として僕の勉強方法を書いておきます。少しでも参考になりそうな箇所があれば勉強スタイルに取り込んでみてください。

勉強の基本的な流れ

※この流れは、DVD講義などで自分のペースで進めていける方を対象としています。

1.勉強開始時期

勉強を開始した直後は、本当に何もわからない状態たと思います。そこで、とにかく講義を最初から最後まで観ます。必要な板書などは全て教科書に書き込み、いわゆる普通の講義を普通に受けます。次に、2回目、3回目ともう一度同じ講義を最初から最後まで一気にみます。この際、再生速度が1.5倍にできるDVDプレーヤーでみましょう。勉強効率が一気に上がります。もし持っていない場合は、パソコンなどでダウンロードするか、倍速再生が可能なDVDプレイヤーを購入することをおすすめします。

この時期は「わからないのが当たり前」です。3回講義を見たからといって理解しているわけではありません。実は内容を覚えていなくて焦るかもしれませんが、全く問題ありません。それよりも、全体としてどのようなことが出題範囲になっているのかを知ってください。全体像を把握できれば御の字です。僕の場合、3回講義を最初から最後まで見た後の理解度は30%にも及ばなかったと思います。全く気にする必要はありません。

2.講義+問題演習開始時期

講義を3回見終わったら、4回目の講義に入っていきます。この4回目の講義から、見終わった分野の箇所に対応する問題集を解いていくことになります。例えば、講義がBondの箇所であれば、その講義を見終わった直後に問題集のBondの箇所を最初から最後まで解くといった流れになります。注意点として、講義を見たら間をあけずにすぐに解きましょう。この時、4回目の講義を見終わった後にも関わらず、そして選択問題なのにも関わらず、驚異的な不正解率をたたき出すと思います。他のページで僕の問題集の正答率の推移を記載しますが、僕も圧倒的な不正解の数をたたき出しました。

この問題集の解き方ですが、最初は1問解いて、その解答と解説をみるという形でも構いません。僕も最初は1問解いては解答を見るという流れで進めました。ただ、これでは時間がかかる上に、次の問題の解答をチラッと見てしまうという欠点があります。ただ、とにかくどれだけ間違えても良いので、全ての問題に解答を行い、全ての解説を読みましょう。正答率の低さは現段階では全く問題ありません。僕は全く気にしませんでした(強がりです)。ただ、解説は必ずじっくり読むようにしてください。

3.問題演習集中時期

4回目の講義と同じように、5回目の講義を見終わったら該当箇所の問題演習、というものを続けます。6回目も同じです。6回の講義が終わって問題集を解くころには、さすがに講義の内容はなんとなく理解が出来ている状態になっていると思います。このころから、問題集を解くことに集中する時期に入ります。理解度が引くと感じる分野については講義を見てから問題集を解くというスタイルのままで大丈夫ですが、基本的には問題集を解くことに勉強スタイルを特化させていきます。

問題集の解き方も、上記のような問題を1問解いては解答と解説をみるという方法から、その分野の最初から最後までを一気に解いてから自信を持っている箇所以外の解説を読むという方式に変化させます。この方式にすることによって時間を大幅に短縮できます。また、人によっては問題集は1回目は偶数の問題を解き、1回目は奇数の問題を解き、3回目はまた偶数の問題を解くという流れで解いている方もいらっしゃいますが、僕はそれはおすすめません。一気に最初から最後まで解いたほうが理解も定着度も高まると思います。

あとは、何回も問題集を繰り返して解き続けることになります。何度も解いているのに不思議ですが、なかなか全問正解まで持っていくことが出来ません。ここまでが、基本的な勉強方法になります。次に、試験直前の勉強方法について見ていきます。

試験直前の勉強方法

試験が直前になるにしたがって、緊張が高まってくると思います。僕も初めて試験を迎えたときは非常に緊張しました。どのように勉強したら良いのか、このまま問題集を解き続けて良いのか不安になりました。そこで、試験直前に僕がやっておいてよかったと思うことを書いていきます。

1.シミュレーションにチャレンジする

今までは選択問題に特化して何度も何度も繰り返してきたと思います。選択問題についてはある程度の理解度まで達していると思いますので、5回の選択問題が終わった後に、その分野のシミュレーションも解き始めます。そうすることにより、これまでバラバラに解いていた選択問題の理解を、多面的に理解できるようになります。加えて、本番の試験ではシミュレーションというのはどのようなものが出るのかという予測を立てられるようになります。実際の試験では全く違うシミュレーションが出題されると思いますが、何も知らないよりは少しでも触れておいた方がよいでしょう。

2.これまでと違う問題集を解く

シミュレーションを解き始めて、なお余裕がある人は他の問題集の問題に挑戦してみても良いかもしれません。複数の問題集を解くことにより、さらに多面的に理解することができるようになります。僕のおすすめはWileyの問題集アプリになります。特にiPadのアプリは画面も大きいため、少しですが「電子機器の画面で問題を解く」という本番環境に似た状態で問題を解くことができます。こちらに関しては、別の記事を書こうと思います。

3.チュートリアルと模擬問題を体験する

これはもっとも重要なので、必ず行うようにしてください。AICPAのサイトでは、実際の試験ではどのような画面で進行するのかを説明してくれるチュートリアルと、数問の模擬問題が用意されています。パソコンに用意されている電卓の使い方や選択問題の解答方法などを体験できるようになっているので、これをやるかやらないかでは心の持ちようが変わってきます。絶対に経験しておきましょう。

以上が、米国公認会計士(USCPA)の勉強方法と試験直前のやっておいて良かったことになります。人によって勉強方法などは違うと思いますが、何かの役に立てば幸いです。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.