米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

日本受験にすべき3つの理由

今回は米国公認会計士(USCPA)の全般的な対策として、受験地はどこにしておけば良いのかということを書いていきたいと思います。僕はアメリカ(ハワイ)と日本(大阪)の2箇所で受験したことがあるのですが、そのときに考えたことになります。

USCPAを日本で受験すべき3つの理由

1.時差がない

当然ですが、日本で受験することによって、特に時差というものが発生しません。普段と同じ生活リズムで試験日を迎えることが可能です。前日にたっぷり睡眠をとることにより、万全の体調で試験に挑戦することができます。USCPAの試験は1科目3時間を超えるものになるので、体調が後半の集中力に関わってくるため、普段通りの生活の状態で試験を迎えられるという点が非常に重要になります。僕は最初にハワイで試験を受けた際、慣れないホテルだし、隣の部屋のカップルがうるさいし(察してください)、試験前日という緊張がすごいしといった状態で、全然寝れませんでした。3時間くらいしか睡眠が出来なかったので、体調最悪で最初の試験を迎えました。このリスクを最低限にできる点で、日本受験が圧倒的に日本人にとってメリットがあると思います。

2.周辺施設が充実している

日本の試験会場は、僕は大阪でしか受験したことがありませんが、試験会場の周辺に慣れ親しんだカフェもあればコンビニもあり、試験の数時間前に到着してひたすら最後の追い込みをかけることが可能です。その気になれば試験を受けると決めた後に、試験会場周辺の下見を行うこともできます。また、コンビニがあるので試験直前に飲む栄養ドリンクなども簡単に仕入れることが出来ます。僕が受験したハワイの会場は、一応様々な店が集合しているショッピングセンターのような箇所にあるのですが(日本にない形態のため説明が難しいです)、そこには当時はサブウェイがありました。しかし机は狭くて勉強する環境ではないし、近くにコンビニ(セブンイレブン)はあるのですが売っているものは日本と違うしとあまり気が休まりません。しかもコンビニが少し試験会場から離れたところにあるので、体調が最悪だった初日は僕は試験前にはコンビニが見つけられませんでした。試験後に「コンビニがあったのか・・・」と気が付いたので、2日目のBECの試験の際には活用させてもらったのですが、このように気が休まらないアメリカと比べると、やはり日本受験にしておいた方が日本人にとってはメリットが大きいと思います。

3.費用が安い

もしアメリカで受験することを考えた場合、試験料金に加えてホテル代、航空券代など、様々な費用が追加で発生することになります。日本受験を選択した場合、これらの費用が発生することがありません。大半の人が受験会場まで車や新幹線で行けると思いますし、仮に日帰りにすることが出来れば余分なホテル料金もかかりません。泊まる必要がある場合も、試験会場近くのビジネスホテルに泊まれば1万円程度で宿泊できる上に周辺情報の下調べが可能です。日本受験にした場合、試験料金に追加のお金が必要になると思うかもしれませんが、上記2つの理由がその追加投資のお金で手に入るのであれば十分費用対効果は高いです。僕はそれほどアメリカでの試験は神経をすり減らしました。

まとめ

これらを考えた場合、やはりUSCPAは可能であれば日本で受験することをおすすめします。ハワイと大阪の試験会場を比べた際に、試験管の対応などで変化があったことは少ないですし、やはり普段から慣れている日本の環境で試験を受けるということが全力を出すことにつながると思います。日本で受験すれば合格できるのに、アメリカで受験したことによってコンディションが整わずに不合格となってしまえば、これまでの苦労と費用が水の泡になります。「試験のついでに観光もしたい」という人は、全科目合格してから好きなだけ観光してください。

以上で、米国公認会計士(USCPA)試験を日本で受験すべき理由について終わりたいと思います。仮に日本かアメリカのどちらかで受験するかを迷っている方は、このページを参考にしていただければ幸いです。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.