米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

USCPA:まずはこれだけ

こちらは米国公認会計士(USCPA)に興味がある人にとって「USCPAとは一体どのようなものなのか」について全般的に記載したカテゴリーになります。USCPAに興味があるけども、あまり良く知らないという方は以下にある各ページにアクセスして、USCPAとはどのようなものなのか、試験はどのような形式なのかをざっくりと知ってみてください。特色を出すために出来る限り実体験も踏まえてリアルな情報を書くようにしています。

米国公認会計士(USCPA)とは

米国公認会計士(USCPA)とは、どのような資格なのかについて説明しています。この資格を取得した人がどのようなことをしているのか、この資格はどのようなことを学ぶのかといった内容が書いてあり、まさに基本中の基本となっております。予備校などでパンフレットを見ればもう少し細かいところまで書いてあると思いますが、簡単に知っておきたいという人向けです。

リンク:米国公認会計士(USCPA)とは

USCPA試験概要

USCPA試験の概要について書いています。USCPA試験の主催団体や、試験の科目の軽い説明、どうすれば合格なのか、科目合格という制度、試験の日程や結果発表について書いています。こちらには僕の実際の試験結果である画像も載せてあります。※USCPAの試験制度が変更になったため、下記にある「USCPAの新試験の概要」というページに新試験の最新情報をのせています。

リンク:USCPA試験概要

USCPA試験の出題形式

USCPA試験の出題形式などについて書いています。どのような環境で試験を受けるのか、各科目のテストはどのような出題形式か、テストの配点についてといったことについての記載があります。新試験に代わって出題形式が変更されましたが、変更後の記載にしております。

リンク:USCPA試験の出題形式

USCPA合格後の3段階

USCPAという資格は、合格した後のステップとして3つの段階(厳密にいうとほぼ2段階なのですが)に分けることが出来ます。それらについて(1)全科目合格の段階、(2)サーティフィケート取得の段階、(3)ライセンス登録の段階として細かく書いてあります。また、これら3段階のうち、どの時点まで目指すのがベストかということについても書いてあります。

リンク:USCPA合格後の3段階

USCPA新試験の概要

USCPAの試験内容に若干の変化が行われます。新試験の概要について、公式ページより管理人が翻訳した内容が記載してありますので、USCPAの新しくなる試験がどのようなものかを知るのにお使いください。

リンク:USCPA新試験の概要

終わりに

いかがだったでしょうか。これらを全て読めば、USCPAについてある程度の知識が得られると思います。更に興味があれば、具体的な勉強方法や、どの程度勉強すれば合格できるのか、またUSCPAとして働いた場合の年収などについても詳しく書いてある記事がありますので、そちらもご覧くださいね。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.