米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

米国公認会計士(USCPA)とは

米国公認会計士(USCPA)とは

米国公認会計士(USCPA)とは、英語で書くとU.S. Certified Public Accountant、つまり米国における公認会計士の資格を意味します。

アメリカに在住している場合、この資格について普通にCPA(つまり公認会計士)と言えば相手に意味が通じるのですが、日本に在住している場合、日本の公認会計士との区別をつけるために「USCPA」や「米国公認会計士」と呼ばれることが一般的となっています。ちなみに、監査法人の内部では日本の公認会計士を「JCPA」や「JのCPA」、そして米国公認会計士を「USCPA」または単純に「US」や「米国」と呼ぶことが多いです。

資格を取得した人の業務について

日本においては「公認会計士」の資格を持っている人は、大多数が「監査法人」と呼ばれる会社で働き、一般の人にはイメージが湧かない(もしくは根本的に知られていない・・・)監査という業務を行うことが基本ですが、それに対して米国公認会計士(USCPA)の場合は、監査法人に入って監査を行うという業務だけではなく、もう少し幅広い分野に従事している人の割合が多くなっています。

具体的には、USCPAとして事業会社の財務や経理といったポジションから、経営企画、予算統制などに携わる方も多数いらっしゃいます。民間企業だけでなく、政府やNGOといった企業以外での分野で活躍している方もおられます。もちろん、監査法人や税理士法人で働いている方も数多くいらっしゃいます。僕も、USCPAの資格を取得する前から、取得した後も一般企業の経理、財務といったポジションから、監査法人内では会計基準のコンバージョン支援(日本基準からIFRSや米国基準)など、幅広い経験を積ませていただいております。

USCPAがどのような分野で活躍しているのかについて興味がある方は、一度「米国公認会計士(またはUSCPA) 転職」で検索をかけてみてください。USCPAとなった暁には監査法人だけでなく、非常に多くの求人が用意されていることがわかると思います。

USCPA取得に向けて学習する内容

米国公認会計士の試験には4つの科目があり、資格を取得するためにはまず一定の期間内に全ての科目に合格する必要があります。4つの科目はFAR、BEC、AUD、REGと呼ばれています。これらの科目については別の記事でそれぞれについて詳しく説明しますが、ここで簡単にまとめると

  • FAR:財務会計・公会計・財務分析など
  • BEC:管理会計・原価計算・予算統制・経済学・ファイナンス・ITなど
  • AUD:監査・内部統制など
  • REG:税法・商法(ビジネスロー)など

といったものになります。非常に幅広い分野を勉強する必要がありますが、USCPAの試験内容は基本的に(REGの一定の問題を除いて)ビジネスマンとして知っていれば武器になる分野が多いと僕は感じています。ちなみにですが、当然ながら米国の資格であるUSCPAの試験内容は全て英語となっており、ある程度の英語力がないと、問題の内容も何を聞いているのか理解できないという事態に陥ってしまいますので注意が必要です。

※ある程度英語力がある方でも、専門用語がかなりの割合を占めるので、英語が出来ればそれだけで相当有利となるわけではありません。日本語で「減価償却費」と言われても会計に触れたことがない日本人は「???」となるのと同じ理由で、英語が得意な人でもUSCPAを1から勉強する場合は新しい単語を覚える必要があります。

以上で、米国公認会計士(USCPA)とはどのようなものかについての説明を終わりたいと思います。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.