米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

USCPA新試験の概要

2017年に導入された新試験についての概要について、現時点での情報と、そこから読み取れることについて軽く考察してみたいと思います。

◆新試験の概要ソース

新しく導入予定の新試験については、AICPAの以下のファイルが英語ですがわかりやすくまとまっていると思います。

参考:How is the Uniform CPA Examination Scored?

とは言っても、読むのは面倒ですよね。そこで、僕が頑張って読んでみました(笑)ので、間違いがあるかもですが内容を少しまとめておきたいと思います。更に詳細な情報が知りたい人は以下をご覧ください。

参考:THE CANDIDATE BULLETIN

◆試験科目

新試験の科目は従来と変わらず4科目となっています。

  • Auditing and Attestation (AUD)
  • Business Environment and Concepts (BEC)
  • Financial Accounting and Reporting (FAR)
  • Regulation (REG)

全ての科目が選択問題であるmultiple-choice questions (MCQ) 及びシミュレーション問題であるtaskbased simulations (TBS)で構成されています。BECに関しては記述問題も構成に含まれています。

◆試験の構成

各科目の試験はいくつかの「テストレット」と呼ばれる問題群で構成されています。テストレットにはoperational questions及びpretest questionsという2種類の問題が含まれています。

  • Operational questions:実際に採点される問題
  • Pretest questions:実際には採点されない問題

これら2種類の問題は一見して見分けがつかなくなっています。一定の条件を満たしたPretest questionsは将来的にOperational questionsへと移行する可能性があります。要するに実験問題というやつですね。僕の推測になるのですが、採点しない問題として出題することにより、その問題の正答率を蓄積し、ここで問題の難易度や有効性を計測して、テストレットの難易度が高い方か低い方のどちらに組み込むか(後述)、または根本的に問題として使用できるか否か等を考慮するのでしょう。

テストレットについて

選択問題のテストレットは「普通」及び「難しい」の2種類が存在します。テストレット「難しい」にはテストレット「普通」に比べて標準より難しい問題が多く含まれることになります。余談ですが、僕はこの難易度の変化を全くとらえることが出来ませんでした(参考記事)。全受験者は最初「普通」のテストレットからスタートすることになります。この最初のテストレットの出来次第で、次のテストレットの難易度が決定します。ただし、選択問題のテストレットの出来次第で、そのあとのシミュレーション問題の難易度に影響することは一切ありません。シミュレーション問題は試験開始時にすでに決定されています。シミュレーション問題のテストレットは受験者の知識の応用の試すものとなっています。スプレッドシートやリサーチ問題などが典型的なものとしてあげられます。BECには、記述問題のテストレットも含まれております。

◆各科目の試験内容内訳

それでは各科目の試験がどのような構成になっているかみていきます。

Auditing and Attestation (AUD)

  • テストレット1:選択問題36問
  • テストレット2:選択問題36問
  • テストレット3:シミュレーション問題2問
  • テストレット4:シミュレーション問題3問
  • テストレット5:シミュレーション問題3問

試験時間は4時間となっています。配点は選択問題50%、シミュレーション問題50%となっています。

Business Environment and Concepts (BEC)

  • テストレット1:選択問題31問
  • テストレット2:選択問題31問
  • テストレット3:シミュレーション問題2問
  • テストレット4:シミュレーション問題2問
  • テストレット5:記述問題3問

試験時間は4時間となっています。配点は選択問題50%、シミュレーション問題35%、記述問題15%となっています。

Financial Accounting and Reporting (FAR)

  • テストレット1:選択問題33問
  • テストレット2:選択問題33問
  • テストレット3:シミュレーション問題2問
  • テストレット4:シミュレーション問題3問
  • テストレット5:シミュレーション問題3問

試験時間は4時間となっています。配点は選択問題50%、シミュレーション問題50%となっています。

Regulation (REG)

  • テストレット1:選択問題38問
  • テストレット2:選択問題38問
  • テストレット3:シミュレーション問題2問
  • テストレット4:シミュレーション問題3問
  • テストレット5:シミュレーション問題3問

試験時間は4時間となっています。配点は選択問題50%、シミュレーション問題50%となっています。

以前の試験に比べると、全ての科目において選択問題のテストレットが2つしかないため、かなり慎重に最初のテストレットで得点を積み上げ、次のテストレット2の選択問題の難易度を「難しい」にしておく必要がありそうですね。

◆試験のスコア

試験は0から99までの範囲で採点されることになります。各科目とも、スコアの75以上であれば合格となります。この75というのは正答率、つまりパーセントではありません。「より難しい問題にはより高い点数がつく」という方式により計算されるシステムによって採点が行われます。

◆考察

USCPAの新試験は、僕が受験した試験よりもシミュレーション問題に重点が置かれたものになっています(僕のときは選択問題が60%程度の配点だったと記憶しています)。ただし、仮に従来の試験方式と出題傾向が大きく変わらないのであれば、準備するべきことは現状と変わらず「選択問題を確実に得点できるようにする」ことではないでしょうか。僕が受験した際も選択問題とシミュレーション問題がありましたが、シミュレーション問題は、よく見ると選択問題を単純に組み合わせた問題であったり、選択問題の解答欄を自分で直接埋める問題であったりと、選択による運の要素で正解しないように工夫されたものが多い印象でした。つまり、シミュレーション問題と言っても選択問題を回答できれば正解を導ける問題が大半でした。

ただし、新試験のBECに関しては、僕のときはシミュレーション問題が無かったため、僕から伝えられることはあまりありません・・・。予想としては、他の3科目と同様に科目のコンセプトを理解して、ひたすらに選択問題を通じて理解を深めることが合格につながると思います。ひとつ言えることは、このサイトでも何回か書いていますが、BECの特色である「記述問題」を捨てるのはやめておきましょう。15%しかないと思うかもしれませんが、どの問題に高い配点がされるのかが非公開の時点で、全ての問題に全力で挑むことが合格への近道であることは明らかです。

以上で、USCPAの新試験の概要を終わります。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.