USCPAのCPEについて書いています。CPEとはライセンスを取得した後に必要となる継続教育になります。USCPAは資格を取得した後にも、能力を低下させないということを目的に年間にある程度の単位を取得する義務が課せられています(州によって要件は異なる)。

しかし、このCPEについての情報が非常に少ない。そこで、少しでもCPEの情報を提供できればと思ってこれらの記事を書くことにしました。USCPAに合格した後に、どのようにCPEを行えば良いかについて、少しでも参考になれば幸いです。以下のページからご覧ください。

CPE業者比較

米国公認会計士(USCPA)について、今回はライセンス取得をしたあとに必要となるCPEの方法について書いていきたいと思います。CPEを行える業者はいくつかあるのですが、それらについ...

詳しくはこちら

CPE Depotで単位取得

米国公認会計士(USCPA)ライセンスのCPEについて、今回は僕が使用しているCPE Depotでの単位取得までの流れについて書いていきたいと思います。どのような流れで単位を取得す...

詳しくはこちら

CPE単位の申請方法

米国公認会計士(USCPA)について、今回はライセンス登録の後に必要となる、CPEの取得単位を州へ申請する方法について、自分への備忘録を兼ねて書いていきたいと思います。ちなみに管理...

詳しくはこちら

USCPAライセンスの更新方法

忘れたころにやってくる、USCPAのライセンス更新。既に何度か更新しているので、今後USCPAの人が更新する際に困らないように(自身の備忘もかねて)更新方法を記載しておきます。ちな...

詳しくはこちら

ライセンスとCPEの期間に注意

今回は、意外と忘れがちなUSCPAの「ライセンス更新期間」と「CPEの単位が取得できる期間」について書いていきたいと思います。ライセンス更新期間USCPAのライセ...

詳しくはこちら

ワシントン州のCPEルールが変更

ワシントン州はUSCPAのライセンス登録の要件に「監査経験」を必要としないため、監査法人での経験を積むのが非常に困難な日本人にとってオアシスのような州だと言えます。実際、他の州で...

詳しくはこちら

CPEのTecとNon-tecの違い

ワシントン州のライセンスを更新した人であればわかると思うのですが、ライセンスを更新するためにCPEで単位を取得する必要があります。その単位の中で「Technical」と「Non-...

詳しくはこちら