米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

USCPAライセンス更新方法

忘れたことにやってくる、USCPAのライセンス更新。初めて更新したので、備忘もかねて更新方法を記載しておきます。

1.Board of Accountancyのページを開く

まずなにより、このページを開かなくてはなりません。ID、パスワードともに忘れると厄介なので、忘れないようにどこかに記録しておきましょう。

この↑のページの中から「Renew」の箇所をクリックします。

2.個人情報を入力する

02

このような画面になるので、個人情報を入力し、最後に他の州や国で活動を許可されていなければ

No」にチェックを入れて、「Next」をクリックします。

3.取得した単位を確認する

03

一番上のチェックはすでにYesについていました。真ん中にはワシントン州のEthicsの単位取得日が記載されています。Additional CPEについては、自分がこれまで取得してきた単位が充足要件を満たす単位であるかを確認し、確認が取れる場合にYesにチェックをいれ、Nextをクリックします。この作業に入る前に、自分が取得した単位を再度、確認しておいてもよいかもしれません。

4.犯罪歴を確認する

03

ここで、犯罪歴のようなものを確認されます。大体の人がNoにチェックとなると思います。そして、下段の箇所で、このRenewに関する情報でウソはないこと、できる限り正確な情報を入れていることを確認し、チェックを入れ、Nextをクリックします。

5.支払にうつる

03

ここでPay Nowをクリックして支払にうつります。僕のようにRenewが遅いと、late feeという恐怖の支払が待っています。早めに支払っておきましょう・・・。自分で支払う場合は「Myself」にチェックです。雇用主が直接支払う場合は、「My employer will pay」になります。法人が後で支払ってくれるのを立て替える場合はMyselfで大丈夫だと思います。

03

↑この画像では口座支払しか方法がないのですが、下の方にある「Alternate Payment Method」をクリックすると「Redirect to payment gateway」というリンクがあるので、そちらを利用してカード払いに移行できます。そのページはカード情報だらけなので画像はのせないのですが、普通に住所や名前、カードの支払期限などを記載して支払うことが可能です。

6.完了

03

これで、Renew、つまり更新手続きが完了となります。ここで支払の明細などがダウンロードできるので、しっかりとダウンロードしておきましょう。

ちなみにマイページに戻ると、Expireの期限がまた3年伸びていました。単位を貯めて、次回の更新に備えようと思います。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.