忘れたころにやってくる、USCPAのライセンス更新。既に何度か更新しているので、今後USCPAの人が更新する際に困らないように(自身の備忘もかねて)更新方法を記載しておきます。ちなみにワシントン州での更新になります。

Board of Accountancyのページを開く

まずなにより、Board of Accountancyのページを開かなくてはなりません。ID、パスワードともに忘れると厄介なので、忘れないようにどこかに記録しておきましょう。ワシントン州BOAへのリンク先は以下となります。

https://secureaccess.wa.gov/myAccess/saw/select.do

BOAにログインできたら、以下の手順でライセンス更新を行います。ちなみに、こちらはCPEに必要な単位は全て取得している状態を想定しています。

1.Renewボタンをクリック

BOAにログインすると、以下のようなメニュー画面が開きます。

赤で囲んでいる「Renew」の箇所をクリックします。すると以下の画像が出現します。

簡単にいうと「本当にEthicsも含めてCPE更新済みだろうな?」という確認なので、Yesをクリックしましょう。Defincienciesって綴り間違っていると思うのですが、気のせいでしょうか。前回このページを見た記憶があまりないのですが、僕の更新は大丈夫なのでしょうか・・・。

2.個人情報を入力する

Renewボタンを押すと、次に個人情報を入力するページとなります。

このような画面になるので、個人情報を入力(最初から登録情報が入力されていると思います)し、下部に他の州や国で活動を許可されていなければ「No」にチェックを入れて、「Next」をクリックします。

3.取得した単位を確認する

個人情報を入力すると、次に自分が必要な単位を取得したと宣誓する作業になります。

一番上のチェックはすでにYesについていました。真ん中にはワシントン州のEthicsの単位取得日が記載されています。Additional CPEについては、自分がこれまで取得してきた単位が充足要件を満たす単位であるかを確認し、確認が取れる場合にYesにチェックをいれ、Nextをクリックします。この作業に入る前に、自分が取得した単位を再度、確認しておいてもよいかもしれません。

4.犯罪歴を確認する

自身の単位取得を宣誓したら、次は自身の犯罪履歴についてになります。

ここでは大多数の人がNoにチェックとなると思います。そして、下段の箇所で、このRenewに関する情報でウソはないこと、できる限り正確な情報を入れていることを確認し、チェックを入れ、Nextをクリックします。

5.支払にうつる

ようやく支払い段階に入ります。以下のようなページになると思います。

ちなみにRenewが遅いと、ここで上記に加えて100ドルのLate feeという恐怖の支払が待っています(参考:ライセンスとCPEの期間に注意)。早めに支払っておきましょう・・・。自分で支払う場合は「Myself」にチェックです。雇用主が直接支払う場合は、「My employer will pay」になります。法人が後で支払ってくれるのを立て替える場合はMyselfで大丈夫だと思います。「Pay Now」をクリックすると、以下のページになります。

この画像では口座支払しか方法が見当たりませんが、下の方にある「Alternate Payment Method」をクリックすると以下のようなページなります。

ここで「Redirect to payment gateway」というリンクがあるので、そちらをクリックしてカード払いに移行できます。

このページに、住所や名前、カードの支払期限などを記載して支払うことが可能です。情報を入力したら「Pay With Your Credit Card」をクリックして支払い完了となります。何度もクリックしないように注意しましょう。

6.ライセンス更新完了

支払いが完了すると、自動的に以下のページとなります。

これで、Renew、つまり更新手続きが完了となります。ここで支払の明細などがダウンロードできるので、しっかりとダウンロードしておきましょう。ちなみにマイページに戻ると、Expireの期限がまた3年伸びていました。次は2022年の更新となりそうです。単位を貯めて、次回の更新に備えようと思います。