USCPAの試験は全部で4科目から構成されており、それら全ての科目について18か月以内に合格することにより、全科目合格者となります。全科目合格の状態になると、一般的な資格でいうところの「合格」ということになります。そのため、1回の試験で多くの科目を1度に全て合格する必要がある日本の公認会計士よりも、働きながら目指すことが可能と言われています。僕個人としても、社会人になって働きながら1年で全科目合格することが出来ました。ここでは、USCPA試験における各科目の説明ページを書いていこうと思います。それぞれの科目の内容を把握し、USCPA試験ではどのような分野が問われるのかを確認してみてください。以下のリンクからどうぞ。