Big4監査法人勤務の米国公認会計士(USCPA)によるサイト。USCPA情報はメニューから。時事ネタ等はブログから。

MENU

USCPA科目説明BEC

今回は、米国公認会計士(USCPA)試験の科目の1つであるBEC、Business Environment and Conceptsの具体的な説明を行いたいと思います。

BECとは

BECとは日本語にすると「ビジネス環境及び諸概念」となります。直訳すると何の科目か分かりにくいですが、具体的な内容としては工業簿記、管理会計、原価計算、予算統制といった製造業で大切になってくる分野から、経済学やファイナンス、ITやコーポレートガバナンスといった分野も含まれてきます。

試験の配点&出題範囲

出題範囲と配点は以下のようになっています。下記は僕が使用した問題集であるBISKの内容を参考にしました。

  1. Corporate Governance (16%~20%)
  2. Economic Concepts (16%~20%)
  3. Financial Management (19%~23%)
  4. Operation Management (12%~16%)
  5. Strategic Planning (10%~14%)
  6. Information Technology (15%~19%)

BECは様々な分野を内包しているため、多岐にわたる分野にまんべんなく配点されているのがわかります。ただ、範囲は広くても問題は基礎的なものが多いので、苦手な分野を作らない、もしくは苦手な分野でも基礎の問題は解答できるレベルまで勉強することが大事だと思います。

試験時間

3時間になります。FARの4時間と比べるとまだ短いですが、3時間もパソコンとにらめっこする必要があります。USCPAの試験の仕組み上、1日に2科目の受験を行うことも可能ですが、できる限り1日に1科目の受験にするようにしましょう。仮に1日にFARとBECを受験すれば合計7時間も集中しなければなりません。

出題形式

他の科目と違って、BECには記述問題があるという点で特徴的となっています。

【選択問題】
24問×3テストレット:合計72問
配点:85%

【記述問題】
3問×1テストレット:合計7問
配点:15%

上記の問題数と配点となっています。75点以上で合格なので記述問題を捨てればよいと思うかもしれませんが、選択問題で90%以上の正答率を出す必要があるのでお勧めできません。選択問題でも正答率を上げながら、記述問題でもしっかり何かを書いて点数を取った方が無難です。

※ちなみに僕は選択問題は全問正解じゃないかという出来具合だったのですが、点数は合格点ぎりぎりでした。仮に記述問題を書いていなければ不合格だったと思うとゾッとします。

以上でBECの科目説明を終わりたいと思います。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.