Big4監査法人勤務の米国公認会計士(USCPA)によるサイト。USCPA情報はメニューから。時事ネタ等はブログから。

MENU

USCPA科目説明REG

今回は、米国公認会計士(USCPA)試験の科目の1つであるREG、Regulationの具体的な説明を行いたいと思います。

REGとは

REGは日本語にすると「法規」となります。こうみるとただの法律の科目に見えますが、実際の出題範囲をみると税法だけでなく、契約や債務者と債権者の関係などのビジネスローも含む非常に幅広い分野となっています。

試験の配点

配点は以下のようになっています。

  • 64%:Federal Taxation(連邦税法)
  • 19%:Business Law・Business Structure(ビジネスロー・米国組織法)
  • 17%:Ethics(会計士としての倫理)

出題の大半は連邦税法からになりますが、その他の分野も勉強してかなければ合格点には達しません。税法だけでも膨大な量になるので大変です。

REG内容分解

REGの出題内容をもう少し詳しくみてみます。僕が使用していた問題集であるBISKの目次を参考にすると、以下の分野に分けられていることがわかります。

  1. Individuals
  2. Property
  3. Corporations
  4. Partnerships
  5. Estate, Trusts & Exempt Organizations
  6. Business Structures
  7. Contracts
  8. Sales
  9. Negotiable Instruments & Documents of Title
  10. Secured Transactions
  11. Debtor & Creditor Relationships
  12. Federal Securities Regulation
  13. Other Federal Regulation
  14. Accountants’ Ethics & Responsibility
  15. Agency
  16. Other Tax Topic

こう見ると、FARに続いて広範囲となっていることがわかります。問題集の厚さもFARとREGが分厚く、BECとAUDが比較的マシな分厚さになっています。1~5までが確定申告書の書き方などがメインになり、そこからはビジネスローなどがメインとなっています。ただ、配点が大きいのが1~5の範囲になるため、勉強する比重も連邦税法に重きを置いた方が良いと思います。

試験時間

こちらはBECと同じ3時間になります。FARやAUDの4時間と比べると短く、選択問題も各テストレットにつき24問と短くなりますが、そのかわり1問の正答率が非常に重要になってきます。

出題形式

REGは選択問題とシミュレーションのテストレットで構成されています。

【選択問題】
24問×3テストレット:合計72問
配点:60%

【シミュレーション】
6問×1テストレット:合計6問
配点:40%

上記にも書きましたが、FARと比べて選択問題とシミュレーションの問題が少しずつ少なくなっています。その分負担が減るわけではなく、試験時間が3時間になります。また、問題が少ないということはその分だけ各問題の配点が大きくなるため、1問不正解する影響が大きくなるということです。凡ミスなどを起こさないようにする必要があります。

以上で、REGの科目説明を終わりたいと思います。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.