米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

USCPAの難易度関連情報

米国公認会計士(USCPA)について、難易度に関する情報を書いていきたいと思います。僕の受験開始時のスペックや、USCPAの難易度について、そして試験中の難易度の変化といったことから、果たして簡単な科目はあるのかということについての記事になります。

勉強開始時のスペック

難易度を測る前に、まずは僕の勉強開始時のスペックについて書いています。この状態から、どの程度の難易度と僕が感じたのかを読み取ってもらえればと思います。

USCPAの難易度

最も読まれる記事です。USCPAの難易度について書いています。ただ、本当に重要なのは難易度とは人によって変化するので、自分にとってUSCPAはどの程度の難易度なのかと考える参考にしていただければと思っています。

簡単な科目について

USCPAの4つの科目のうち、簡単な科目があるのかということについて書いています。人のバックグラウンドによって簡単と感じる科目は変化すると思うので、どのような人がどの科目を比較的簡単と感じるのかを受験経験から予想しています。

テストレットの難易度変化

USCPA受験者では有名だと思いますが、USCPAの試験ではテストレットの難易度が変化すると言われています。僕はこの情報を信じ切っていたために、実際の試験日にひどい目にあいました。テストレットの難易度の変化についての僕の考えとそう思う理由を書いています。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.