Big4監査法人勤務の米国公認会計士(USCPA)によるサイト。USCPA情報はメニューから。時事ネタ等はブログから。

MENU

USCPAの費用対効果

米国公認会計士(USCPA)について、今回はUSCPAの費用対効果について書いていきたいと思います。資格試験を目指す人にとって重要なもののひとつに、その資格を取ってそれ以上の効果を得られるのかということがあると思います。

USCPAの費用対効果について

資格の勉強については、それを勉強することによって成長したいという目的が1番の人や、とにかく転職したいという人や、年収アップを狙う人などがいると思いますが、皆それぞれその先には「より良い生活」を目指しているものだと思います。そこで、今回は少しお金に焦点を絞って、USCPAの費用対効果について書いていきます。

USCPA取得費用

まずは、USCPAの取得にかかる費用を考えていきたいと思います。ここは人によって大きく上下すると思いますが、今回は僕の受験費用を書いていきます。

・専門学校代金
まずは専門学校代金になります。僕が新社会人だった時代、USCPAの専門学校にお金を払うことすらできない状態でした。日系企業の物凄く安い初任給に加えて、奨学金の返済で毎月収支はギリギリプラスかマイナスかという状態でした。そんな時、資料請求したUSCPAの専門学校からキャンペーンのメールが。

「USCPAのコースが、今なら30万円(程度だったと記憶しています)!」

「これだ!」と速攻でカード払いで申込みを行おうとすると、何度限度額が20万円。速攻でカードの限度額を引き上げる申請を行い、専門学校にメールを送りました。要約すると「申し込みしたい。でもカード限度額があるので今すぐは払えない。後払い(しかもカードの)になるが、今申し込んだことにしてください。」

今考えるとずうずうしいことこの上ないのですが、なんと「OK」と返事が来ました。そのあとにカードの限度額を上げる審査に通ったと連絡が来て、無事に申し込むことが出来ました。貯金もほぼ無かったので、12回払いを選択しました。カード会社に支払う分割手数料などを考慮した場合、合計で36万円程度になったと思います。

ここからの一年は、できる限り生活を切りつめても毎月のキャッシュフローがマイナスになるというキツい生活の始まりでした。ただ、毎日USCPAの勉強で本当に充実していました。その後、ボーナスが若干出て、少し生活が楽になりました。

上記のコース以外にも、各科目の問題集や直前講義などを全て含めると、全部で50万程度は支払っていると思います。USCPAは市販の問題集も非常に高額になっています。

・諸経費
また、USCPAは受験を行う準備から、試験を受けるまで色々とお金がかかるようになっています。例えば学歴審査にかかる費用や、試験そのものにかかる費用(僕はFARとBECはハワイで受験、AUDとREGは大阪で受験しました)、州によっては公証を行う費用などもかかります。それにハワイに受験しにいったので航空券代やホテル代などもかかりました。これらをすべて含めると、30万円程度は使っていると思います。

・ライセンス登録まで
全科目合格を達成した後、どうしてもライセンスまで欲しくなり、追加で単位を取得してワシントン州へトランスファーを行い、ライセンス登録を行いました。これに伴い、ライセンスサポートの費用や、追加単位にかかる費用が発生しました。全部で20万円程度だったと思います。

合計

これらを合計すると、専門学校や教材などの費用が50万、受験に関する費用が30万、ライセンス登録に関する費用が20万で、合計100万円程度のお金が必要だったことになります。ちなみにこれは少し低めに見積もっています。また、僕が通っていた専門学校は費用が安いことで有名で、他の専門学校であれば倍くらいの料金の可能性もあります。大幅にぶれることを考慮して、100~150万円程度でUSCPAライセンスを保有できると仮定します。

USCPA取得後

ここで結論を書くと、僕はUSCPAにかかった費用を転職で回収することが出来ました。まず、僕がUSCPAを取得するときに在籍していた企業の年収は、全てを含めて約350万円程度でした。そしてUSCPAを取得後転職活動を行いましたが、複数の企業から内定をいただくことができました。福利厚生も年収の伸びも明らかに良い企業ばかりだったのですが、僕はその中からベンチャー企業を選択しました。

このベンチャー企業が提示してくれた金額は約450万円でした。この時点で1年で僕はUSCPAにかかった費用を回収できることになりました。その前にいた企業と比べると、提示された年収に加えて残業代やボーナス(業績連動ボーナスも追加)、1年後に昇給した金額などを考慮すると、圧倒的に待遇は良くなりました。そして、このベンチャーで働いた直後にラインセンス登録を行いました。その後、どうしても働いてみたかった監査法人に転職を行い、上記より年収が上がることになりました。

これらを考慮すると、USCPAの費用対効果は僕にとって非常に大きいものになりました。今思うと、最初の会社にいたときに、「これだ!」と必死にカード限度額を上げて、毎月苦しい思いをしながら分割払いでの支払いに耐えたことも、本当に良い経験でした。当時に身に沁みつかせた節約グセでたまに周囲に引かれることもありますが、浪費グセがつくよりは良いのかもしれません。

まとめ

まとめますと、僕の場合はUSCPAの費用対効果は非常に高いものになりました。景気というものにあまり左右されないほど、「会計」と「英語」のできる人材はそこまで存在していないと思います。この人材不足が続いている間は、USCPAの費用対効果は非常に高いと思いますし、今のあいだに取得して実務を積み続ければ、世界で勝負できる人材に慣れると考えています。

以上で、USCPAの費用対効果を終わりたいと思います。

【追記】

現在監査法人に転職し、当初に在籍していた企業で、先輩が「現在の僕の年齢のときに受け取っていた給料」と「現在の僕の給料」を比べると、USCPAによる費用対効果は僕の人生において絶大なものになったということが出来ます。100万円かそこらと、真剣に勉強する1年程度の期間の投資としてはかなり良いリターンになっていると思います。

また、監査法人に転職して気が付いたのですが、そこまでライセンスにこだわる必要はないと思います。正直USCPAで上層部にいる人々はライセンスを持っていない(つまり名刺に何も書いていない)方もかなりいますし、ライセンス取得にかかる費用とCPEなどの煩わしさを考えると、米国で会計事務所を開きたいなどの夢を持っている人以外は特にライセンスを取得する必要はないのかもしれません。僕ももしかしたら次回の更新時に更新しない可能性もあります。研修で自動的に単位が足りていれば更新する可能性もありますが・・・。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.