米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

ハワイホテル情報

米国公認会計士(USCPA)の試験会場などに関する情報として、今回は僕がハワイ受験の際に使用したホテルについて書いていきたいと思います。もし海外に慣れていない人がアメリカでの受験を選んだとして、現地のホテルは体調と直結するので気になる情報だと思います。

ハワイホテル情報

USCPAの試験をハワイで受験することが決まった際に、ほとんど人がホテルを利用すると思います。さすがにハワイで日帰り受験は厳しいと思いますので。そして、そのホテルを事前に予約する際に気になるのが、そのホテルは大丈夫なのかという点だと思います。

仮にホテルの環境が良くなく、試験当日までリラックス出来ないと試験日のコンディションに関わってくることになります。せっかくハワイまで高い航空費とホテル代金、試験代金まで支払っているのにホテルの環境で試験に万全の体調で挑めないとなると悲惨です。

そこで、僕が利用したホテルは「最高の環境ではないけれど、基本的な設備やサービスは整っていた」という点で良くも悪くもない無難なホテルだったので、贅沢は出来ないけど劣悪な環境のホテルはいやだという人は検討してみてください。

僕が使用したホテル

「アンバサダーホテルワイキキ」というホテルになります。過去は日本語のページがあったようなのですが、今は検索しても大体旅行口コミサイトが検索結果に表れるのでそれでどのようなホテルかを確認すれば問題ないと思います。便利な世の中になったものです。

メリット

ホノルルの中心部に近い箇所に存在しているので、食べ物や飲み物を手に入れるのに苦労することはありません。ホテルの入口の隣にはカフェがありますし(テイクアウトのみ)、徒歩1分もしない

距離にコンビニのようなものもありました。僕は試験日まで集中して勉強したかったので、その周辺でご飯なども済ませておくようにしました。写真はホテル目の前のカフェで撮ったものになります。オープンな席しかありませんが気候が最高でした。

hotel cafe

また、徒歩数分の箇所にフードコートもあります。様々な種類のごはんが選べるようになっているので、そこまで食事に困ることはないと思います。ただ、料理の質にこだわる人は少し物足りないかもしれません。僕がご飯を買ったときはチキンスープをサービスでこっそりくれたお姉さんがいたのですが、彼女には感謝しています。

部屋の広さとしては一人で宿泊するには広い部屋となります。部屋の中に簡単な机と椅子も用意されているので、部屋の中で勉強するのも可能です。むしろ、外に出ると観光地特有の空気に負けてまったりしてしまう可能性があるので、僕は部屋にこもって勉強していました。

また、ホテルの1Fにはパソコンが用意されていて、無料で利用することが出来ます。今ネットで確認すると、無料WiFiも用意されているようです。

デメリット

試験会場からの距離があります。試験会場がホノルルの中心地から離れている箇所になるからなのですが、試験会場にはバスかタクシーでいく必要があります。ただ、ホテルの人に頼めばタクシーを呼んでくれるので、気軽に頼んでみましょう。僕はFARの次の日にBECの試験を入れていたのですが、FAR試験の際はタクシーで行き、帰りにバスのナンバーを覚えておき、BECの試験日はバスで行きました。

ホテルの部屋からの眺め

hotel view

試験で行くとハワイは満喫できませんが、非常に良いところでした。以上でハワイのホテル情報を終わりたいと思います。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.