Big4監査法人勤務の米国公認会計士(USCPA)によるサイト。USCPA情報はメニューから。時事ネタ等はブログから。

MENU

独学と専門学校の比較

今回は米国公認会計士(USCPA)の受験に向けて勉強を始める際に、独学が専門学校かどちらを選択するべきかについて書いていきたいと思います。まずは、独学と専門学校についてメリットとデメリットを比較してみます。

独学か専門学校か

USCPAに限らず、資格など何らかの勉強を行う際には、自分で教材などを取り寄せて自分で勉強する独学か、それともお金を払ってその分野の専門学校に通うもしくは通信教育を行うかの選択肢があります。そこで、USCPAの勉強に関しては、どちらの選択肢を取るべきなのかについて考えてみたいと思います。まずは、それぞれのメリットデメリットをあげていきます。

独学のメリットデメリット

独学のメリット

独学には、以下のようなメリットがあげられます。

  • 費用が安く済ませることが多い
  • 市販の中から好きな教材を選択できる
  • 好きな場所で勉強することが可能
  • 好きな時間に勉強することが可能

一般的に、独学のメリットは上記のようなものになると思います。やはり独学のメリットはなんといっても費用が安くて自由ということではないでしょうか。逆に、独学を行うことによって発生するデメリットも見ていきます。

独学のデメリット

独学には、以下のようなデメリットがあげられます。

  • 勉強の継続に強い自制心が必要になる
  • 疑問点を聞くべき人を見つけにくい
  • 試験の最新情報にアクセスが難しい
  • 諸手続きも全て自分で調べる必要がある

デメリットとしては上記のようなものになると考えられます。やはり自由にできる反面、全てに関して自分の責任で行わなければならない点にデメリットがあると思います。

このように独学のメリットデメリットを見てみると、自分の好きなように勉強ができるが、その点自分で全てを調べていかなければならないという特徴がわかります。さらに、USCPAのような範囲が広い試験だと、どこまで勉強すればある程度合格が見えてくるのかということも把握が難しくなります。では次に、専門学校のメリットデメリットを見ていきたいと思います。

専門学校のメリットデメリット

専門学校のメリット

専門学校のメリットは以下のようなものがあげられます。

  • 受験までの手続き情報が手に入る
  • 試験範囲をカバーする教材が手に入る
  • 勉強への強制力がある程度働く(通学の場合)
  • 勉強仲間ができやすい(通学の場合)
  • 講師に疑問点が質問可能
  • 合格までのカリキュラムが組まれている
  • 講義を通して難解なトピックの理解が可能

などがメリットにあると考えられます。やはり、その資格に対して長年研究を続けているので、資格への対策や情報面に関しては個人では太刀打ちできない強みを持っていると言えます。では、デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

専門学校のデメリット

専門学校のデメリットは以下のようなものが考えられます。

  • 費用が高い
  • 自分のペースで勉強ができない(通学の場合)
  • 教材が自分で選べない
  • 講師が合わない可能性がある

専門学校のデメリットとしてはこのようなものになると思います。やはり独学に比べると費用が大きくなりますし、その専門学校が良いと思うものを全て行わなければならなくなるため、自由度は下がってしまいます。

専門学校のメリットデメリットとしては、情報も豊富に手に入れられる上に効率的なカリキュラムに沿って勉強が出来る反面、費用もかかるし勉強内容も専門学校に合わせる必要があるというものになります。

以上が、独学と専門学校のメリットデメリットになります。次は、これらを踏まえてUSCPAに関しては独学か専門学校どちらが良いのかとその理由について書いていきたいと思います。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.