米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

出願州の選択

米国公認会計士(USCPA)の受験について、受験者はアメリカの各州について受験する州を自由に選択することが出来るのですが、出願する州をどのように決定すればよいかについて書いていきたいと思います。USCPAを目指す人にとって、自分の現状、又は将来目指す姿にあった州に出願することが大切になります。

USCPAまでの長い道のり

USCPAの受験者にとっては、受験勉強を開始してから、最終的にライセンスを取得するまでは非常に長い道のりになると思います。人によっては何年もかけて取得することも十分ありえます。特に、大学時代に会計やビジネスの単位をあまり取得しなかった人にとっては、各州によって求められる受験のための「学歴要件」を満たすだけでも一苦労となってしまいます。専門学校の提携している大学の単位を取得するにも「費用」と「労力」が必要となります。

僕が受験生だったころは「メイン州」という、学位を持っていれば(つまり4年制の大学を卒業していれば)学歴要件を満たしていた、非商学系学部の人にとっては救世主のような州があったのですが、現在ではメイン州の学歴要件も会計の単位を求める等、厳しくなってしまいました。そこで、会計やビジネスの単位がない人は問答無用で追加で会計単位を取得する必要があることになりました。

また、ライセンスを取得するにあたっては実務経験を要求している州が大半であり、さらにほとんどの州では「監査経験」というものをライセンスを申請するための要件にしています。日本で監査経験を積もうと思うと、日本の公認会計士に合格して監査法人に入所する必要があるため、非常にハードルが高くなってしまいます。ただ、実務経験がないからといってUSCPAと名乗る方法が全くないというわけではありません。方法はあります。

このように、出願するときに州を選択するのですが、「受験に必要な要件」と「ライセンス登録に必要な要件」の2つを考慮して、最終的に自分の目的に沿った最も合理的な州を選択する必要があります。以下、パターン別に分けて詳しく説明していきたいと思います。

合格実績だけで良い人

名刺にUSCPAと書かなくても良い、とりあえず全科目合格という実績があればよいという人は、間違いなく学歴要件が一番緩い州を選択することをおすすめします。現在のところ、アラスカ州が会計単位を15単位、ビジネス単位は不要となっており、比較的優しい要件で出願が可能な州と言えるでしょう。ただ、州による学歴要件などは意外にあっさりと変更になったりするので、最新情報は専門学校などに必ず問い合わせてください。合格実績だけで十分な人は、このような最も学歴要件が緩い州を選び、さっさと全ての手続きを済ませてしまい、すぐに受験が出来る状態にして受験するべきです。合格後にライセンスが欲しくなったら、ライセンスに必要な単位を追加で取得して、実務経験を満たしたうえでライセンス申請を行えば大丈夫です。

名刺に「USCPA」と書きたい人

実務経験がないけれども、とにかく名刺にUSCPAと記載したいという人はグアム州での出願をおすすめします。グアム州は、実務の経験が無くてもサーティフィケートとライセンスが取得可能です。ただし、ライセンスは「非稼働」つまりInactiveな状態と名刺に記載しなければなりません。「田中 太郎 グアム州米国公認会計士 Inactive」という記載になります。ただし、グアム州は会計の単位が24単位、ビジネスの単位が24単位必要となります。しかも、これらの単位は初歩的な科目は認められないことになっているので、会計学部や経営学部でしっかりと会計を学んだ人でなければ難しいかもしれません。また、グアム州には注意点があります。こちらについては後述します。

ライセンスが欲しい人(会計とビジネス単位あり)

商学部出身などで単位はたっぷりと取得済みであり、なおかつ最終的にはライセンスが欲しい、という人はワシントン州での出願をおすすめします。基本的にライセンスを申請する際の要件として、ほとんどの日本人が満たせない「監査経験」というものをあげている州が多い中、ワシントン州はライセンスの実務経験に、監査だけでなく経理の実務などを幅広く認めています。しかし、ワシントン州は全部で150単位(会計単位24単位、ビジネス単位24単位含む)という多くの単位を取得する必要があります。そのため、ライセンス登録に興味があり、監査の経験がないけれども会計とビジネスの単位をたくさん持っている人は、ライセンス登録が最も行いやすいワシントン州が選択肢として考えられます。

監査経験がある人(会計とビジネス単位あり)

基本的に好きな州での出願が可能だと思います。ただ、専門学校にどこの州がおすすめか一度聞いてみた方が良いでしょう。

ライセンス取得までのおすすめステップ

ライセンスが欲しいという人のためのおすすめの流れとして、まずは学歴要件が簡単な州に必要な単位を取得したのちに出願します。現段階ではアラスカ州になると思います。そして、アラスカ州受験を行い全科目に合格した後に、ライセンス登録を行いたいかを一旦じっくりと考えます。全科目合格後にライセンス登録をどうしても行いたいと思えば、アラスカ州における合格実績を、ライセンスの実務経験要件が簡単な州(現状ワシントン州)にトランスファー、つまり移管します。もちろんトランスファーする前に、ワシントン州の学歴要件は満たしておく必要があります。つまり、アラスカ州での単位に加えて専門学校などを利用して不足分の単位を取得する必要があります。

「そんなことをしなくても、グアム州にトランスファーすれば実務経験が不要じゃないか」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、グアム州にはトランスファーが出来ない、つまり出願の時点でグアム州を選んだ人でないとグアム州のライセンスは取得できないようになっているのです。うまくできているシステムですね。

個人的には、全科目合格したのであれば、ライセンス登録までしてほしいと思います。僕も、当時の学歴審査が簡単だったメイン州で全科目合格したのちに、ワシントン州に必要な単位を追加で取得し、ワシントン州にトランスファーして無事にライセンスを取得することが出来ました。やはり名刺にUSCPAと記載するということは、信頼もされる上にそこから話を広げやすいので、ある程度の効果は期待することができます。

以上で、出願州の選択についてを終わりたいと思います。繰り返しになりますが、学歴要件は実務要件といったものは変化しますので、最新のものを専門学校で確認するようにしてください。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.