米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

受験資格と単位取得

今回は米国公認会計士(USCPA)の受験に関して、必要となる受験資格とそれに伴う不足単位の取得の情報について書いていきたいと思います。USCPA受験の最初の壁として立ちはだかるのが、こちらの「受験資格」になります。こちらを満たさない限り、受験をすることすら不可能となります。

USCPAの受験資格

USCPA試験は、受験の準備をする前に、まずは自分が試験を受験するための要件を満たしているのかを確認する必要があります。ところが、アメリカは連邦制のため、米国の各州によってUSCPA試験の際に求められる受験資格というものが異なっています。受験者にとっては面倒なことになりますが、こういった地方によって特色が異なる点が、地方分権が進んでいるアメリカの柔軟な長所と捉えることもできます。ただし、各州によって異なると言っても、概ね下記のような要件を求める州が多くなっています。

  1. 4年制大学卒業
  2. 会計の単位
  3. ビジネスの単位

州によってはモンタナ州のような短期大学でもOKなところもあり(最新情報は必ず専門学校等にご確認ください)、他の条件である会計の単位及びビジネスの単位で必要となる単位数も州によって異なります。しかし、大抵の場合はこれら3点が求められると考えてもらえば大丈夫です。

ちなみに、州によってUSCPAの受験難易度が変化するわけではありませんので、どの州を選択して受験しても問題ありません。また、その受験する州で試験を受けなければならないということもありません。僕はメイン州を選択し、最初の2科目(FAR、BEC)はハワイで受験し、残りの科目は大阪で受験しました。

受験資格を満たすかの学歴審査

仮に自分の卒業した(又は在学中の)大学で取得した単位で会計やビジネスの単位が選択する州の学歴要件を満たしているかを確認するための手続きが必要となります。それが「学歴審査」です。方法としては自分の卒業した大学に連絡を取り、英文の卒業証明書と成績証明書を発行してもらいます。この際、大学によっては取得するまでに時間がかかるので注意が必要です。そして

  • 英文の卒業証明書
  • 英文の成績証明書
  • 学歴審査の手数料

これらを国際郵便で「学歴審査機関」に郵送します(州によって異なりますが、FACS等が有名な学歴審査機関になります)。この際、学歴審査の手数料としてアメリカに「現金」を送ることになるので、郵便局で入手可能な特殊な用紙を記入しなければなりません。地方に住んでいる人にとっては、郵便局の職員の方々が慣れておらず、用紙の取扱い方法がわからない可能性があるので、なるべく大きな郵便局に行った方が無難です。僕は当時地方に住んでいましたが、その地域で一番大きな郵便局にお願いして何とか送金することが出来ました。

審査結果

そして、郵送してから数週間後に、自宅に以下のような学歴審査の結果が届くことになります。かなり緊張する瞬間ですね。この学歴審査の結果は、自分が受験すると決めた州の担当者にも郵送されることになります。それによって、州の担当者が受験者に受験資格が備わっているのかを知ることができるのです。

gakurekisinsa

個人的な情報はブラックアウトさせていただきました。この結果には、学歴要件を満たしていない人はどのような単位がどの程度足りないのかが記載されていると思います。しかし、専門学校の人に自分の英文の成績証明書を先に見せておけば、これまでの受験者の傾向からどの単位がどれくらい足りないのかを事前に知ることができるので、先に専門学校に確認して、足りない場合は追加で単位を取得してから学歴審査を行った方が良いと思います。学歴審査にも割とお金と手間がかかってしまうので、単位が足りない可能性がある人は面倒を事前に防いでおきましょう。

受験資格を満たさない人

仮に受験資格を満たさない人(例えば大学は卒業しているけど会計の単位やビジネスの単位が足りないという人)は、専門学校が提携している大学の講義を受講して一定以上の成績をおさめることにより単位を取得する、という方法が一般的なものだと思います。これらのシステムを利用して追加で単位を取得することによって、自分が受験したい州の学歴要件を満たし、学歴審査で受験資格を満たしていると証明してもらうのです。詳しくは、専門学校にご確認ください。

ちなみに僕が受験した際には、学歴要件は「四年制大学卒業」のみしか求めない「メイン州」という会計学部以外の学生には救世主のような州で受験したのですが、僕がメイン州受験でFARとBECに科目合格を取得した直後に「会計の単位が必要」という学歴要件に変化しました。幸い、科目合格の期限がある間は旧学歴要件で全科目合格すればOKだったので助かりましたが、非常にヒヤッとする経験でした(結局ライセンス申請の際に単位は追加で取得することになったのですが)。このように、州単位で学歴要件が異なる上に、急に学歴要件が変わることがありますので、念のため自分が受験を予定している州の学歴要件が変更されないかはチェックしておいた方が良いでしょう。

以上で、受験資格と単位取得についてを終わりたいと思います。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.