USCPA試験に全科目合格するためには、どれくらいの時間が必要になるのでしょうか。今回は各科目のまとめとして「USCPA合格までに合計何時間かかるか」という結論を書こうと思います。各科目の詳細な合格までの必要時間が知りたいという方は、ページ下記の各科目に対するページをご覧ください。

USCPA全科目合格までに必要な時間

いきなり結論から入りますが、USCPAの全科目合格までに必要な時間は以下になります。

  • FARの勉強時間:260時間+α
  • BECの勉強時間:193時間+α
  • AUDの勉強時間:265時間+α
  • REGの勉強時間:285時間+α

これらを合計すると、1003時間+4α時間ということになります。BECに対する勉強時間が他の科目に比べて少なくなっていますが、これは僕が大学時代に自分で経済学や経営学の本を読んでいたため、ある程度の下地が出来ていたからです。そのため、BECに関してはもう少し長く勉強時間を見込んでおいたほうが良いかもしれません。

僕の感覚では、勉強開始する時点で簿記2級の資格を持っている人や、英語力に自信がある人(TOEIC700超える程度かな?)は、+αの部分を考慮すると「1科目につき300時間」程度の勉強時間を確保すれば合格できるレベルまで持っていくことが可能です。つまり、全科目で1200時間くらいの勉強を行えば合格できるのではないでしょうか。仮に簿記も全く触れたことがなく、英語にも全く自信がない人は、簿記と英語に関して受験できるレベルまで引き上げる必要があるので、もっと時間は必要になります。

1200時間という長さ

全科目合格に必要な長さは1200時間ということですが、これは一体どの程度の長さなのか想像するのは難しいと思います。そこで、この1200時間という長さを、ほとんどの人が経験してきたことに置き換えて説明してみたいと思います。

学校の授業で考える

小学校から高校まで、僕の通っていた学校の授業は基本的に1日6時間の授業で構成されていました。1週間のうち、土曜日と日曜日を休みと考えると、年間で約240日となります。そこから夏休みと冬休みと除いて考えると、年間で約200日の登校日があったことになります。そこから計算してみると、以下のようになります。

200日 × 6時間 = 1200時間

1200時間という時間とピッタリ整合します。つまり、小学校、中学校、高校のどれでも良いのですが、このうちどれか1年間の授業を全てUSCPAの勉強に置き換えれば、合格できるレベルにまで持っていくことが出来ます。どうでしょう。少しはイメージがつくのではないでしょうか。

結論

結論としまして、USCPAの全科目合格に必要な勉強時間は、ある程度の簿記の知識or英語力がある場合、以下となります。

義務教育1年分:1200時間

この時間が長いか短いかは人によってとらえ方は変わると思います。僕も合格した後に計算しましたが、思ったより時間を必要とするんだなという印象です。ただ、勉強する内容は資本主義社会において必要不可欠なものが多いので、義務教育で勉強する内容よりは、はるかに役立つ内容が揃っています。

以上で、USCPAの全科目合格に必要な時間を終わりたいと思います。各科目に必要な時間と、その内訳については下記の各科目のページをご覧ください。

これらの情報が、少しでもUSCPA受験を考えている人の役に立てば幸いです。