Big4監査法人勤務の米国公認会計士(USCPA)によるサイト。USCPA情報はメニューから。時事ネタ等はブログから。

MENU

コンサルティングファームで働く

米国公認会計士(USCPA)として働く際に考えられるキャリアについて書いていきたいと思います。今回はコンサルティングファームで働く際にはどのようなキャリアが考えられるのかについてみていきます。

コンサルティングファームとは

コンサルティングファームは、クライアントに対してコンサルティングを行うことにより、クライアントに価値を提供して報酬をもらうような仕事をしています。ただし、コンサルと言っても様々なタイプがあり、戦略コンサル・会計コンサル・ITコンサルなどに分類できるのではないでしょうか。要するに「あなたの会社のここがイケてないので、このように改善しましょう」と提案する会社になります。

考えられるキャリア

監査法人に転職してから、コンサルティングファームの方々と共に仕事をするようになったので、どのようなものかはほんの少し想像することが出来るようになってきました。以下のような箇所で、USCPAを活かすことができると思います。

会計システム導入コンサル

実際に企業で働いてみるとわかると思いますが、企業内部にあるシステムというものは、なぜか全然イケていません。現実の業務に全然合っていなかったり、システムを使うために従業員がわざわざ手間のかかるステップを踏んでいたり、各部が導入しているシステム同士の兌換性が悪いために一度意味不明なファイル出力を行い、そこから別のシステムに合った状態に変更して再度取り込んだり。そういった不満が企業にはぎっしり詰まっています。

USCPAとして、会計システムの導入に関して、クライアントの社員だけでは見きれない大きな枠組みで会社のシステムをとらえ、よりベターなシステムを提案することが可能だと思います。ただ、しっかりと社員の日々の業務を理解しなければならないので、非常にタフな仕事だと考えられます。僕の知人も元会計コンサル出身の人がいます(USCPAの方です)。

財務コンサルタント

ある程度会計を学んでいると、企業の財務状態が良いか悪いのかは普通に理解できるようになります。そこを起点に、企業がより良い業績を出すためにはどのようにすれば良いかをコンサルする業務になります。例えば、過去数年分の売上高と、それに伴う売上先のリストをもらい、どこからどれだけ売上が上がっているかを把握し、今後の営業先を少しずつ変更するといった地味な作業から、価値を生み出していない固定資産をバッサリと売ってリースに切り替えるといったことの助言などを行います。これも、会計やビジネスを学んだUSCPAではスキルを発揮できると考えられます。

その他

それ以外にも、戦略を考える戦略コンサルやITコンサルにも、財務の知的基盤は有していると認識されているので、ある程度の求人はありました。ただ、個人的にはコンサルティングをめざすのであれば、監査法人系のコンサル、つまり財務コンサルに行けば価値を発揮できるのではと思います。コンサルと言えども非常に多岐にわたるので、上記に書いたことは一部分だと思います。

以上で、米国公認会計士(USCPA)のキャリア、コンサルティングファームについてを終わりたいと思います。こちらについても、「USCPA コンサル 転職」などで調べてみると最新の求人情報がわかると思います。

米国公認会計士

サイトマップ

スポンサードリンク

米国公認会計士

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.