勉強時間を生み出せる神商品のご紹介

「なんでこんなに時間が無いんだ?時間さえあればもっと色んなことが出来るのに!」

突然ですが、そう思ったことはないでしょうか。今回は、そんな時間にかかるストレスを消し去る話をしていきます。

さて、このサイトを見てくれている人は、USCPAや監査法人に興味がある人が大半だと思います。そういう人は向上心が高く、それ故にものすごく忙しい生活を送っています。仕事もするし、勉強もするし、育児や家事もやらないといけない。「とにかく時間が全然足りない。助けてくれ。」と感じているのではないでしょうか。1日30時間くらいあったらなぁと考えることもあるかもしれません。

安心してください。1日30時間は無理でも、1日1時間くらいなら時間を捻出できる商品があります。正直に言って、今回紹介する商品に関しては初期費用が割とかかりますが、そんなことは一瞬で忘れるくらい人生が豊かになることを約束します。僕も実際に購入するまでは戸惑ったというか、購入の検討を開始してから実際の購入まで、初期費用がネックとなって1年以上の時間を迷いに迷いまくりました。どれだけ優柔不断なんだと自分に突っ込みを入れたいですね。

時間削減の戦い

USCPAを目指している人の1日に費やしている時間配分を考えてみると、1人暮らし、共働きに関わらず「仕事」「勉強」「睡眠」の時間が大半だと思います。「正直24時間のほとんどが仕事、勉強、睡眠で埋め尽くされてますよ。これ以上時間削るところなんてないです。」という声が聞こえてきそうですね。

甘い

時間の捻出が3度の飯より好きな僕から言わせてもらうと、大多数の人間がまだメスを入れられてない時間の領域が存在しています。そして、その領域は時間を浪費をしているのにも関わらず、全く自分の成長につながらないものとなっています。それは「家事」です。

言葉を選ばずに言ってしまうと「家事」は本当にクソです。家事をしても価値はほとんど生まないし、何より本当に面倒くさい。家事のことが大好きな人間が、仕事として家事代行をしている場合は話が違ってきますが、家事が仕事にしたいくらい好きで好きでたまらない人間なんて全人口の約1%(僕調べ)と非常にレアケースです。しかも厄介なことに、家事は人間の生活にひっそりと寄り添っており、日常的に貴重な時間を吸い取っているという事実に、人々はあまり気が付きません。「家事がしっかりできて一人前」みたいなクソな風潮もあるかもしれません。ただ、僕はこのクソ時間をどうにか削減できないかと試行錯誤を続け、ついに一つの家事を人生の時間からほとんど排除することに成功しました。それは「洗濯」です。

ドラム式洗濯機を今すぐ買え

結論から言います。洗濯の手間を消し去るために必要なのは「乾燥機能付きドラム式洗濯機」です。絶対に忘れてはいけないのが、乾燥機能付きのものを選ぶということです。そして欲を言えば、洗剤の自動投入機能付きのものであればベストです。

想像してみてください。冬のクソ寒い中、洗濯機が終わった後に体感マイナス100度のキンキンに冷えた衣類を必死こいて洗濯機から引っ張り出し、凍える手で何枚もハンガーにかけ、たくさん洗濯ばさみが付いているハンガーに下着や靴下をせっせと取り付け、使用後のびちゃびちゃになった足元不快感MAXの浴室に干す、または「南極ですか?」と質問したいような寒さのベランダに干すという苦行。しかも、ほぼ毎日洗濯しなければならないし、洗濯から干す作業まで含めると時間にしてなんやかんやで1時間はかかってしまう。洗濯機の終わったチャイムがこの世の終わりの音に聞こえる。そんな経験、あなたもないでしょうか。

この毎日の苦行、乾燥機能付きドラム式洗濯機を購入することで全て解決します。脱いだ衣類や使用したタオルをそのまま洗濯機の中にぶち込み、洗濯・乾燥のボタンを押してしまえば次にホカホカのきれいになった衣類とタオルに出会えます。また、洗剤を自動投入してくれるタイプのドラム式洗濯機は、わざわざ自分で洗剤を毎回ボトルのフタで計測する必要もないので、一瞬のミスで手がぬるぬるになる疑似スライム体験をしてしまうリスクも一切ありません。

購入する際のポイント

ただ、乾燥機能付きドラム式洗濯機を購入する際に必ず考慮しなければならないポイントがあります。それが「乾燥機能のレベル」です。僕が購入を1年以上ためらった理由がまさにここにあり、数十万円も支払い購入したとしても、結局洗濯したものが乾ききらず、恐怖の干す作業をしなければならなかったらどうしよう、というものでした。これに関しては実際に使用してみないとわかるものではないので、価格コムで口コミなどをみて研究するか、直接家電量販店に行って店員に聞いてみるしかありません。ただ、基本的に高級な洗濯機には「追加乾燥」という乾ききっていない場合に追加で乾燥することが出来る機能を持っていることが多いので、そこで迷う必要はないと思います。1日でも早く買いましょう。

また、家によってはドラム式洗濯機を設置することが出来ないことがあります。これに関しては家電量販店で無料で調べてもらうことが出来るので、明日にビックカメラでも行って無料の調査を依頼しましょう。善は急げです。調査をすることにより、自分の家に設置することが出来るタイプのドラム式洗濯機を教えてもらうことが出来ます。

僕は乾燥機能付きドラム式洗濯機を購入することで、毎日大量に洗濯ばさみが付いたやつに自分の靴下とか下着とかタオルを挟んで、外又は浴室乾燥にかけるという作業が人生から完全に消滅しました。購入してから節約できた時間を考えると、数十時間、いや数百時間は間違いないと思います。冒頭でも言ったように、購入を検討してから実際に購入するまで1年以上迷ったのですが、どうして検討した直後に買わなかったのかと本気で反省しています。

値段について

「ドラム式洗濯機が便利なことは知ってるよ。でも数十万円なんて高すぎるよ。」という意見があるのは知っています。事実、僕も検討してから購入まで1年以上費やしましたが、そのネックには乾燥のレベルと、もちろん値段が高いこということがありました。ただ、ある時ふと気が付いたのです。それは、自分がこの世から去ってしまうとき、自分の銀行口座にドラム式洗濯機を購入する金額が残高として残っているに違いない、ということです。つまり、僕は今ドラム式洗濯機を購入しようとしまいと、「ドラム式洗濯機を購入できる金額」を使い切らずにこの世を去るのです。そして、使い切れないにも関わらず、毎日クソ面倒な洗濯作業を自分の時間を費やして手作業で取り組んでいるのです。

その時、「あ、1日でも早く購入して自分の時間を確保しないと損が膨らみ続ける」と確信し、すぐにビックカメラに行き、値段交渉を重ねて購入しました。

このブログを読んでくれている読者は基本的に向上心に満ちており、真面目に働いている人が多いと思います。そのような人は僕と同じように、自分の最後を迎えるときには銀行残高に通常の人より多くの残高を残していくことになるのでしょう。ハッキリ言います。あなたの時間はお金より貴重です

購入後の感想

ドラム式洗濯機を購入してから、僕の生活は劇的に楽になりました。大げさではなく、人生の苦行が1つなくなったという感じです。毎日の不快だった洗濯物を洗濯機から取り出して、それぞれにハンガーをつけて干すという作業を購入後にほとんどやっていません。あの苦行を毎日していた時期が遠い過去のようです。家事が人生から1つ消えると、ここまでインパクトがでかいのかと感心しています。

値段に関しても、自分の人生に与えたインパクトを考えるとむしろ安いです。この便利さを経験した今なら、値段が倍でも購入すると思います。ちなみに職場の人でドラム式洗濯機を持っている人は、全員口をそろえて便利であると言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)