モデルナワクチン2回目接種の記録

さて、前回はモデルナ製ワクチン1回目の接種記録を残しました。今回は、副反応がきついといわれている2回目の接種を行ってきましたので、どのような事態になったのがをつらつらと書いていこうと思います。接種の流れなどは1回目のときと全く同じと言ってよいので、今回は純粋に接種後の状態について書いていこうと思います。

参考:ワクチン1回目のときの記録

接種後の記録

さて、ここからはワクチン2回目を接種した後の僕の体調について書いていきたいと思います。できる限り時間帯とかをリアルに残しておきたかったので、ある程度余裕があるときはTwitterで経過報告をしていました。そのため、今回はそちらの情報をもとにしていきたいと思います。

接種当日

13時ごろに2回目を接種しました。ちなみに前回同様、ワクチンの注射自体は大したことなく、「え?終わったんですか?」くらいの拍子抜けする感じ。

15時ごろ

さて、接種から2時間くらい経過した時点で、打った方の腕に筋肉痛がじわじわと始まる。1回目のときも筋肉痛はあったので、この時「1回目と同じ感じになるのかな」と軽く考えていましたが、完全に甘かった

19時ごろ

はっきりとわかるくらいに身体がだるい。次の日は休暇をとる可能性があったので事務所で気合入れて仕事していましたが、だるさを抱えながらの仕事なので生産性はほぼ0。

21時ごろ

ダルさが続いていたので熱を測ってみると37.3度となる。普段は36度に届かないくらいが平熱なので、割と熱が出てきたな、という感覚を覚える。

22時ごろ

風邪のときに悪寒を感じるタイプがあると思いますが、完全にソレ。「悪寒がするなぁ」とふと自分の手を見たら手のひらが舞妓さんの顔面と勝負できるレベルで真っ白

接種翌日

深夜3時に身体の節々が痛くて目覚める。あまりのだるさに「!?」となり体温を測ると37.7度を計測。ここから地獄がスタート。

5時

上記の3時に目覚めてから、5時くらいまで暑くて汗をかく、でも寒くて震える、という矛盾を同時に引きおこす稀有な体験を経験。暑いのか寒いのかはっきりしなくてストレスマッハ。正直つらくて全く寝れない。ここ数年で一番きつい時間だったかも。

8時

仕事が無理だと悟る。上司と先輩に「無理っすw」と連絡を入れて、戦慄させる。体温は38度まで上昇。

10時

節々が痛い。ほんのり寝るが熟睡にはほど遠い。「ワクチンで強制的にこんな状態を作り出せるなら、拷問道具として使えるだろこれ」という危険な発想が頭によぎる。

12時

お昼は少しでも健康的にモスバーガー!動けないのでUber eatsの人、本当にありがとう。モス野菜バーガーを食べると健康的な気分になるのは永遠の謎。

14時

どうしても出る必要があった電話会議に、PCの画面は見たくなかったのでスマホから参加。身体がだるかったので適当に返事をしていたら仕事が増えたことだけはわかった。この会議の後、割と長めの睡眠に突入。

18時

悪寒、節々の痛み、ダルさなど、なくなったわけではないが、何とかなりそうなところまで体調が回復。晩御飯は胃腸を労わってうどんにした。絶対に昼にうどんにするべきだったという突っ込みはやめてほしい。僕もそう思っている。

接種翌々日

朝起きると明らかに体調が回復していることがわかる。すべての不快感がすっきりとなくなっている感じ。ほぼ丸一日動かなかったことによる違和感はあるものの、普通に活動して問題なさそう。社畜モードに戻ります。

終わりに

以上でモデルナ製ワクチンの2回目接種の記録を終わります。アドバイスとしては「絶対に接種翌日に大事な予定を入れてはならない」ということです。自分は大丈夫と思う、と思っていても、実際はどうなるかわかりません。正直言うと、僕も自分は副反応なんて起こらないと思っていました。そうしたら悲惨な事態が待っていました。ワクチン接種当日の夜から翌日の丸一日は予定を空けておくこと。そうすることで、不要なドタキャンとかで自分の信用を失うことはなくなります。1日くらいのんびりしても誰も文句を言いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)