米国公認会計士(USCPA)に合格し、Big4監査法人で働いてます。USCPA情報をメインにリアルな情報を書いていきたいです。

MENU

棚卸資産2

USCPAの勉強。棚卸資産についてその2。

Inventoryの評価方法

前回の「棚卸資産」ではInventoryについて、Inventoryの範囲、Inventoryに含める金額、Inventoryの測定方法についてみてきました。今回は、Inventoryの評価方法からみていくことにします。

実務において、購入するInventoryの料金が日によって変化するということは基本的に発生します。何日も何か月も同じ商品が同じ値段ということは普通ありえません。そのため、どのようにしてInventoryの金額を評価するのかが重要となってきます。Inventoryの評価の方法によって、前回の後半に説明した通りEnding inventoryの金額が変わるため、COGS(売上原価)が変化して最終的な利益に影響を与えるためです。

Inventoryの評価方法として、4つの方法が重要なものとして存在しています。注意点としては、それらの方法を会社として採用した後に、「やっぱり別の方法が良い」といって簡単に変更が出来ないということです。毎年一番利益が出る方法にコロコロ評価方法を変えることは許されないのです。以下が、4つの基本的な方法になります。

  1. Specific identification(個別法)
  2. FIFO(First-in, First-out:先入先出法)
  3. LIFO(Last-in, First-out:後入先出法)
  4. Weighted Average(加重平均法)

これら4つの方法が重要となります。ただ、現在では3のLIFOはIFRS(国際財務報告基準)で認められていないため、そこまで重要ではありません。それでは、それぞれについて説明していきます。

1.Specific identification(個別法)

Specific identificationとは、その名の通り、Inventoryを購入した際に原価を個別に計算していく方法となります。販売時にも、どのInventoryがどれだけ売れたのかを記録するため、ある意味もっとも正確に原価を知ることが出来ますが、あまりにも作業が膨大になってしまいます。この評価方法が向いているのは、単価が非常に高く、めったに売れることのない数億円の宝石を販売している会社などでは採用されているかもしれません。在庫の全てをきっちり管理しないと大変なことになりますから。

2.FIFO(First-in, First-out:先入先出法)

こちらも名前の通りになります。「先に仕入れたものが先に出ていくと決めつける」方法になります。First-inしたものが、First-outすると仮定して計算するのです。つまり、最初に購入したInventoryから順番に売れていくという方法です。全ての方法に当てはまりますが、この「仮定する」ということが重要になります。例えばある会社がFIFOを評価方法として採用した場合、実際にはそうなっていなくてもそうなっていると仮定して計算するのです。

この方法を採用すると、Ending inventoryの金額は実態に即したものになります。最初に仕入れたInventoryから出ていくと仮定しているので、最後に残っているのは最後に仕入れたInventoryの値段ということなので、Ending inventoryの金額が現実と大きく乖離することはありません。

ただ、今の日本が狙っているように、物価がインフレ(上昇)しつつある局面では、FIFOを採用しているとCOGS(売上原価)が過小評価されやすくなります。COGSの求め方はBeginning + Purchase - Endingなので、Ending inventoryの金額が大きいと必然的にCOGSの値も小さくなるのです。

3.LIFO(Last-in, Last-out:後入先出法)

こちらも名前の通り、最後に仕入れたものが先に出ていくと仮定する方法、つまりLast-inしたInventoryがFirst-outするという方法になります。こちらの方法の特徴としては常に最新のInventoryが売れていると仮定するので、COGSが現実と大きく乖離しないということになります。逆に、Ending inventoryが古い金額となるので、インフレ局面では過小評価されているということも出来ます。上記でも書いた通り、IFRSでは禁止されている方法になりますので、試験でもそこまで重要ではないかもしれません。

4.Weighted Average(加重平均法)

こちらも名前の通り、平均して計算する方法になります。こちらの方法はBeginning InventoryにPurchase、つまり仕入れた分を全て加算したものの合計から個数で割ることにより平均単価を算出して、その平均単価にてEnding inventoryの個数にかけることによって金額を計算する方法になります。計算式としては

(Beginning Inventory+Purchase)←金額
÷
(Beginning Inventory+Purchase)←個数

でAverage Unit Cost(総平均単価)、つまりInventoryひとつあたりの単価を計算します。そのあと、その単価をEnding inventoryの個数にかけることによって、Ending inventoryの金額を算出します。こちらの方法はPeriodic inventory systemの場合はWeighted Averageと呼ばれますが、Perpetual inventory systemの場合はMoving Average(移動平均)という呼び名になります。Moving Averageの場合は取引の度に平均を計算することになります。

以上でInventoryの評価方法を終わります。次に、別のトピックであるLCM(Lower of cost or market:低価法)について説明していきます。

Inventory:LCMについて

LCM(Lower of cost or market)、つまり低下法とは、Inventoryの評価方法となります。上の4つの方法に混ぜるとこんがらがるので、別のトピックとして勉強したほうがわかりやすいと思います。LCMのポイントは、CostかMarketの低い方を選ぶということになるのですが、まずはLCMに関する用語を覚えた方が得点につながると思うので、用語を書いていきます。

LCMの用語

  • Cost:上記の4つで算出された原価のこと。通常、試験では記載されています。
  • Original Cost:↑Costと同じ意味。Historical costとも言われます。
  • Market:時価。試験では下記3つから求める必要があります。
  • Net realize value:Inventoryの販売価格から販売コストを引いた額
  • Replacement cost:Inventoryを再調達する際にかかる価格
  • Net realize value-Normal profit:上記Net realize valueから利益を引いた額

何だか色々あっていやになりますが、手順に慣れれば結構簡単です。下の3つの中からMarket valueを選び出し、上のCostと比較して低い方を選ぶだけになります。具体的に手順を見ていきます。

LCM手順

  1. Marketの3つの金額を比較
  2. 3つの中から真ん中の金額のものを選択
  3. 選択したMarketとOriginal Costを比較
  4. MarketとOriginal Costの低い方をInventoryの金額とする

以上となります。このように書いても何がなんだかわからないかもしれませんので、実際に問題を解くような形で説明したいと思います。問題文では、下記のような情報が与えられると思います。

Original Cost:15ドル
Selling price:20ドル
Selling cost:2ドル
Normal profit:6ドル
Replacement cost:14ドル

これらの情報をもとに、上記の手順にしたがって進めていきます。まずは、Marketの3つの金額を比較する必要があります。

Net realize valueが見当たりませんが、Selling priceからSelling costを引いたものがNet realize valueになります。これを計算すると「20-2」で18ドルになります。

次にNet realize value-Normal profitです。「18ー6」で12ドルになります。

最後にReplacement costはすでに与えれていました。14ドルですね。これらの金額を比較すると

Net realize value:18ドル
Replacement cost:14ドル
Net realize value-Normal profit:12ドル

という順番になり、真ん中はReplacement costの14ドルということがわかります。この時点で、Marketの金額はReplacement costの14ドルとなります。これと、最初の上方のOriginal Costの15ドルと比べることになります。

Replacement cost:14ドル
Original Cost:15ドル

このことから、Original CostよりReplacement costの方が金額が低いので、LCMにのっとってInventoryの金額は14ドルということになります。面倒に思うかもしれませんが、試験では上記のような情報を問題文の中でずらずらと与えてくれるので、情報を整理してから手順通りに行えば問題なく解くことが出来ます。

以上で、Inventoryその2「Inventoryの評価方法」を終わりたいと思います。次は、Inventoryの評価方法のもう一つの方法である、Retail methodについて見ていきたいと思います。

棚卸資産その3に続く

PAGETOP
Copyright © USCPAの会計日記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.